ル・オペラは企業で通用する「高度なパターン技術と縫製」を学習、研究する教室です。

マイブランド

コンテスト作品:生徒作品

どうも K です。( ´_ゝ`)

 

冬の寒さも厳しい毎日ですが、皆さん風邪などひかれてませんでしょうか?

今年は去年に比べてインフルエンザにかかったという生徒さんは少ないのですが、風邪ダウンされる方が多いよう気がします。

春までは、もう少しありますので頑張りましょう!

 

さてさて、今回の生徒さんの作品はあるコンテストに出すことになった作品です。

テレビ制作会社の古舘プロジェクトが運営するファッションFAB施設「andMade(アンドメイド)」のオープニング企画として、ピーコートのリデザインコンテスト「PEA COAT RE-DESIGN CONTEST」というものが去年の春に行われました。

 

そこに、応募してデザイン画がエントリーされた生徒さんの作品です。

応募された方は、普段は縫製関係の仕事に携わっておられるので、縫製は何とかなりそうでしたが、メンズのパターンに自信がないという事で私たちも相談に乗りつつ制作を応援しました。

 

まずこのコンテストは「ビル・カニンガム&ニューヨーク」の映画を見て、それに出ているマイケルコースさんが着ているPコートをもとにして、デザイナーの個性、感性、工夫が光る作品であること、着丈感はお尻か隠れるか、隠れないかの境目ぐらいということでした。

そして、通ったデザイン画がこちらです。

布の厚みの感じやイメージは隣の画像に近いということですが、少し衿に特徴を持たせてかつ、少々Aラインっぽくして個性が光っていますね。突飛過ぎず平凡になりすぎないリ・デザインというテーマをしっかり自分なりに表現されたものだと思います!

そのへんが、採用になった理由ですね!きっと(^^)

 

そして、合格の通知がきましたら、サイズ表と予算が決まって送られてきます。

伝えられる箇所は上半身の各部です。なかなかしっかり細かく伝えられてきますね。

それをもとに早速作図ッ…!

生徒さんなりに一度作図してまず身頃から組んでいきます。

そして着せてみたところ、生徒さんは「コレジャナイ感がすごいです…。」ということで少々長めの修正の道のりのスタートです。

まず身頃フィットしすぎているということで、理想のラインを目指します。

寸法の設定とラインの見直しを繰り返します。衿の形や位置も気になってきたので修正していきました。

腕の感じが着てみた時に分からないので実際に着用して、体型の似ている男子の方にも協力して着用してもらい修正していきます。

 

生徒さんも、自分のやりたい形をどうやって表現したらいいのか分からないので、かなり悩みながら、かつ自身のお仕事にも追われながら頑張って制作に励まれました。

 

さて、どうなったのか、、、は長くなったので次回です。

 

 

 

2018年 年初めの投稿と1月の講習告知

どうも K です。( ´_ゝ`)

 

新年あけましたね、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

皆さんは年末年始ゆっくりされましたでしょうか?

今年は西日本が寒いという事で、私も実家に帰る時に覚悟していましたが、実際は例年通りな感じでした。(それでも氷点下なので寒いことに変わりはありませんが!笑)

雪が降らなかったのはラッキーだったかもしれません。

 

では今年始まりの更新です!

今月21日の特別講習の告知ですが、今月は午前中の講習がありません。

講習は午後からですので、お気を付け下さい。

 

午後からはメンズドレスシャツ講習と、スペシャルパンツセミナー講習が行われますので、受講する生徒の方は準備をお願い致します。

 

メンズドレスシャツは、前回の続きで、主に衿をつけるところから始まると思います。

そこまで進めることが難しそうな方は、講師と相談して授業時間を使って進める事も可能です。

順調にいきますと、袖を付けるところまで行けるかなと思いますので、ミシンに使う備品の準備お願い致します。

それと、一部手縫いの部分が出てきますので、縫い針の準備が必要です。

また、仕様はパターンを確認しながら縫うので、パターンは完成まで一緒にお持ちください。

 

 

パンツセミナーは前回の続きで、色々な形のパンツの組みになると思いますのでご準備を宜しくお願い致します。

今年もありがとうございました。

 

どうも K です。( ´_ゝ`)

 

とうとう2017年も終わりですね。

現在は年末の大掃除中です!

 

本校は、2017/12/26~2018/1/8までお休みとなることを、再度告知させて頂きます。


その間の授業、お電話での問い合わせ、授業見学は受け付けておりませんのでご注意ください。

 

年内は大変お世話になりました!

また新年、宜しくお願い致します!

年末年始休みのお知らせと12月講習

どうも K です。( ´_ゝ`)

 

さて、もうすぐ2017年も終わりになりますが

本校は、2017/12/26~2018/1/8までお休みとなります!

その間の授業、お電話での問い合わせ、授業見学は受け付けておりませんのでご注意ください。

 

では12月の講習の内容を報告します!

 

今年最後の講習、午前中はネクタイ講習です。

 

なんだか久々にこの講習をした気がしますが、今回は担当が私です。

皆さんの前でしゃべるのも久々です!

 

裁断から始まりです、今回布で物を作るのが初めてという方もいらっしゃいました。

裁断と印付けが済んだら剣先の始末です。

剣先をまつれたらそれぞれのパーツをつなげてセッテ・ピエゲ(七回折る)します。

最後に閂止めとコの字とじ(はしごかけ)して、完成です!

 

皆さんの完成品の数々です!

皆さん色々な生地で作ってみてくださいね。

 

そして午後はメンズドレスシャツの縫製講習です。

縫製のスピードは個々の進め方によりますので、

なかなか進まなくて気になる方は、講師に相談して頂けましたら授業中に進める事も可能です。

今回は主に身頃の縫製でしたね、前立てを縫い、ポケットをつけ、ヨークをくっつけました。

おもったより時間がかかってしまい、目的の衿まで行けた方が少なかったので、宿題のような形で家で進めてきて頂けますと次回がスムーズにいくとおもいます。

 

そしてもう一つのパンツセミナー

色んな形のパンツのパターンを作って、トワルを組むための準備をしていました。

その合間も、パターンの仕事で困っている事や疑問点などを相談したり、

前回より生徒さんの仲も深まったようで和気あいあい、順調に進んでいたそうです。

(今回写真の資料がないです、申し訳ないです。)

 

次回の講習も楽しみですね!

 

 

講習のメンズジャケット:生徒作品

どうも K です。( ´_ゝ`)

 

ラジオからワム!!と山下達郎が流れて町はかなりクリスマスモードですね。

今年はラニーニャ現象というものが起きて寒くなるということですが、また都心に雪が積もることがあるのでしょうか?

 

では今回は、婦人服のカリキュラムがを終了した後、追加授業で行っておりますメンズのパターンの課題をひいて、実物縫製した方がいらっしゃいましたので紹介いたします

 

授業では縫製まではやらないので、実際に製品にするとどうなるのかが気になって、試しに縫ってみたそうです。

衿回りが難しく少々抜けてしまったり、衿が浮いてしまったりしたのが残念だったということと、後ろの身頃の肩甲骨にひっぱれらたような余りシワが出たことが気になるということで、次回作るときはそこを修正するようにリベンジされるそうです。

 

製品になって初めて分かることもありますね!

縫う機会って大事です!

 

 

生徒さん作品:ウエディング用のミニドレス

どうも K です。( ´_ゝ`)

 

街ではクリスマスソング等が流れ、イルミネーションで華やかになってきましたね。

街が活気づくのは嬉しいですが、いよいよ寒くなって気温への体温調節が難しい時期になりますね(+_+)

今年はインフルエンザワクチンが少ないそうなので、私もあわてて打ちました。

この気温に負けない体つくりと予防を頑張ります!

 

 

さて、今回の生徒さんの作品はミニドレスです!

 

今年、ご結婚された生徒さんがゲストの前で着る衣装を制作されました。

 

授業中ではなく家で制作されたので、デザイン、パターンから出来上がりまで一人で仕上げられました。

彼女は長くオペラに通われており、今はジャケットの課題まで進んでいますが、

自分の服や衣装などを精力的に作っておられます。

前のスカートの長さと後ろの長さを変えてラウンドヘムにして、変化をつけていますね。

さらにシアー素材とレースの組み合わせスカートが見えていることで、ウエディングっぽい雰囲気になります。内側のスカートの重ねも何枚かあるのでボリュームが出てます。

 

トップスはビスチェタイプですね。

縫い目はボーンの代わりに帽子のつば素材を切って使い、安定させているとのことです。

後ろは編み上げで多少の調節をきくようにしてありますね。

ウエディングにはよくある仕様です。

(このボディだと大きすぎでしたが汗)

そして、驚いたのはこの生地の価格が、、¥100/mということです。

とてもお手頃価格です!

全体の費用としてもかなり抑え気味にできたそうです!

ちなみに腰のフリル部分は生地の裏側を使っているそうです。

表裏の表情が違うのをうまく使っていますね。

 

 

ドレスは苦労がおおいけど、出来あがった時に嬉しくなりますよね!

 

 

 

 

12月講習予告

どうも K です。( ´_ゝ`)

もう12月…今年ももう終わるのですね。

2017年もアっという間でしたね、私はやり残したことが多くありますが皆さんはどうでしょうか?

まだあと一か月あるのでその内に終わるといいのですが…。

 

そして年内最後の講習の予告です!

まず午前中はネクタイ講習!

「セッテピエゲ」というネクタイの作り方を学ぶ講習で、3時間の講習時間内に作品をつくります。そんなに難しい内容ではないので、初心者の方も参加しやすい講習です。

素材の手配だけお願いしておりますので、当日しっかり準備をおねがいします。

もし素材で迷う場合は講師に相談してください。

 

なんだか久々な気がします。

 

今回は授業をやってる様子を一部動画におさめようかなーとも思っています。

 

最近動画に力をいれてますので、、またお楽しみに!

 

 

そして午後は先月からの引き続き、メンズドレスシャツ講習スペシャルパンツセミナーです。

 

メンズドレスシャツは、先月お休みされた方がいらっしゃったので、

実質今回が最初という方もいらっしゃると思います。

その際、家で作業したり、授業時間を使って裁断まで終わらすようにお願します。

(専用の芯地もお渡しする必要がありますので、講師から頂いて下さい。)

 

今回はいよいよ縫製ですので、糸と縫い針などを忘れないようにお願いします。

 

 

パンツセミナーは、前回の続きから、

トワル組み等の作業がメインになると思いますが、前回配った資料が必要ですので、

必ず持ってくるようにお願いします。

その他道具もお持ちになってください。

 

何かご不明点がございましたらお電話などで、お問い合わせ下さい。

 

 

 

11月講習報告!

どうも K です。( ´_ゝ`)

 

寒くなったら一気にでしたね。

もう街も真冬の装いです。もう少し緩やかに季節が変わるかなと思っていたのですが…

本校でも体調を崩す方が多いです。皆さんも十分に気を付けてください。

 

さてさて、今月行われました講習の報告をさせていただきます。

午前中はトートバック講習です。

初心者の方でもできる、簡単な縫製の小型のバックなので

今回もミシン縫製が初めて!という人が多く参加されました。

ミシンの使い方の説明から教わっておられます。糸通しや調節の仕方など、、、

使い慣れてないと恐ろしいですよね…初めてのミシン…!

でも、直線縫いがおおいので、皆さんサクサク進まれます。

アイロンは授業で扱うので慣れたものですが、どういうタイミングで使うのかという所(中間アイロンポイント)を学びます。

内側のポケットもパイピング布で遊んでオシャレにされてますね。

時々失敗もしながら、完成を目指します!

そして…

完成! 前回も生地被りがありましたが、今回もありました!

でも内側のポケットのパイピングがグレーとパープルで個性の違いがでましたね。

ちょっと薄めの素材に挑戦した方も、お弁当箱+αが入るサイズで使い勝手が良さそう~!とのことです。

皆さん、やったことのない経験が新鮮でとても楽しかった!とのことです。

大きさを変えてみたり、もっとキレイな仕上げを目指したり、是非もう一度挑戦してみてください!

 

 

そして午後はメンズドレスシャツの縫製の第一回めです。

今回は裁断がメインになりましたね。

 

午前のトートの講習の時もお一人体調不良でお休みされましたが、この講習でも2人お休みがでて、まあこの気候だとなあ…と突然の寒気の威力を思い知りました。(~_~)

早く春になってほしい…(切実な心の声)

でもお休みされた方も裁断を済ませていれば、次回から遅れなく始められるので安心してください。

もし分からない部分は授業中でもいいので講師に相談していただければと思います。

 

 

 

そして同じ時間帯にスペシャルパンツセミナーです!

今回は外部の方からの参加のみの授業となりました。

 

キャリアのある方々でしたので、まず代表とどんなトラブルが多いのか?

どんなパンツが作りたいのかなどの質問と相談のようなお話をされました。

 

そして、問題解決のための方法を理解するために人体構造を様々な視点から見た資料を見ながら、実物の実験的なパンツを作っていきます。

いまからこれに色々な理論でアプローチしていくのですが、今回はその素材作りといった感じでしたね。

また次回にはトワルを組んでいくと思いますのでお楽しみに!

 

 

ブラウスとおそろいのストール:生徒作品

どうも K です。( ´_ゝ`)

 

とうとう気温も低くなり、本格的に冬の気候になってきましたね。

来週からは急に気温が下がりますー、なんて天気予報もいっているので、寒いのが苦手な私は気が気じゃないです。(+_+)

個人的には微妙なポールシフトが起こってるんじゃないかと思うくらい、自分の子供の頃と比べて温度変化が激しいと思います(笑)

 

 

では今回の生徒作品は、かわいい薄手ラグラン袖のブラウスを作られました。

リボンが可愛いですね。パフスリーブで衿にゴムを入れた形ですね。裾のリボンでも絞れるようになってるみたいです。

 

前回と同じ方の作品ですが、こういった軽い素材がとても好きだそうです。

女性らしく上品なボタニカル柄の生地ですね!

 

そして…

そのブラウスと同じ素材でストールも制作されました!

 

軽い素材だからこそ、このくらいボリュームがあってもまとまりよく着こなせそうですね。

同じ素材で合わせて作るのもトレンドに合ってますし、小物まで合わせて作れるのは自分で作っている事の長所ですよね。

 

 

ノースリーブトップス+α:生徒作品

どうも K です。( ´_ゝ`)

 

やっと秋晴れの過ごしやすい日が続いているとおもったら、朝晩の冷え込みが辛い日々ですね。ヒートテックを着てると昼間は汗ばんでしまい、夜には着てても寒い!というような気温にふりまわされています。

本当、体調に気を付けないとです。

 

 

さてさて、今回紹介する生徒さんの作品は

ソーイングとパターンはまだ始めて日が浅いですが、「定期的に自分の着たいと思う作品を作り続けている方」のものです。

 

彼女は、家でも自分が欲しいと思うアイテムを作り続けています。

入学されてからは、色々と相談に乗ることが多くなりました。

 

まだ応用力の必要なものは出来ませんが、作れる形を工夫しながら作っていきたいということでコツコツ作っておられます。

今回はフレアーギャザーのパーツが肩にくるようなトップスを制作されました。

 

 

(既視感があると思ったら、パタンナーズライフのほうで、似たような形を自分が作ってましたね…)

でも、今回のこの生徒さんの作品はフレアー部分が取り外せるようになっています。

それに、後ろ中心はギャザーを寄せてることで表情がかわります。

肩の紐でフレアを留めています。紐をほどくとフレアは取れます。

見える紐の部分も、可愛く結んだりしてそれもデザインポイントにしたいそうです。

 

色々と工夫をされていますね。

 

皆さんも是非授業外の課題を作って、取り組んでみてください!