ル・オペラは企業で通用する「高度なパターン技術と縫製」を学習、研究する教室です。

マイブランド

ワンピースの製作中:生徒作品

こんにちは K です。( ´_ゝ`)

 

しかし、長くお日様を見てないですね~。

洗濯物も乾かないですし、野菜の値段は上がりますし、やはり夏には適度にお日様が必要ですね!来週梅雨明けの予定だそうですが、梅雨明けに一気に40度とかならないように祈るばかりです、、。

 

さて、今回は現在ワンピースを作っている生徒さんの様子を紹介しようかと思います。

 

自分サイズのワンピースを作る時は実際に着用できるように両身で組むことが多いのです、後ろのバランスを自分でチェックしたりするのは難しいですしね、

なので、講師がそういった生徒さんのサポートをしたりします。

 

鏡をみたり、スマホで全体図の撮影をして、どこの辺りを修正するのか相談しながら理想とする形に近づかせていきます。

一人でやると手間のかかる部分を講師がお手伝いすることで、チェックも早く終わりますね。

形が決まるとその後の生地の選定や、仕様の相談もいたします。

着用する時期や、イメージしてる生地に応じて裏地の必要性や裁ち端の始末、またステッチの位置等こまかいところまで決めて完成パターンを作成していきます。

 

この辺の作業が実はけっこう面倒ですが大事な部分なのです!そしてセンスが問われますね。

色々悩んでより良い製品の完成を目指していきましょう。

 

 

ロングワンピースの完成!:生徒作品

こんにちは K です。( ´_ゝ`)

 

世間一般的には7月に入ると本格的な夏!ってかんじですけど、今年の長梅雨のおかげでまだ過ごしやすい気温がつづいてますね。世界的に異常気象と呼ばれる現象が続いておりますが、この気候もその一端なのでしょうかね、、、

 

さて、今回は前回シーチングでロングワンピースのトワルを制作された生徒さんが、同じ型紙で袖なしパターン夏向きバージョンの作品を製作されました!

脇にちゃんとポケットを付けられてるのがいいですね!

最近、やっと市販のワンピースもポケットがつくようになってきましたが、一昔前のワンピースってなかなかポケット無かったですよね。私もそれが嫌でパンツばかり履いてました。

ポケット大事です!ほんと

生地幅が広めのものを使ったので、前後ろ共に接ぎを作らず一枚で仕立てられました!

裁断はさぞ大変だっただろうなと思いますが、縫製は簡単だったそうです。

たっぷりボリュームのあるフレアですね!

一番拘りだったラウンドの裾もいい感じです!

 

生地も少々張りがあるので、出したいシルエットとの相性もいいですね。

身体にも張り付かず、涼しく着れそうです。

 

今度はこれの袖アリ(トワルで組んだバージョン)もウールで制作予定とのこと!

どんな感じに仕上がるのか楽しみにしております!

 

 

7月講習予告

こんにちは K です。( ´_ゝ`)

 

梅雨の長雨が続き、洗濯物が乾かない季節となってしまいました。

毎年の事ですが、教室内のシーチングもしっとりとして独特の香ばしい匂いがしてます(笑)

組み立てたトワルの丈がぐんぐん縮んでしまう悩ましい季節!(泣)

 

そんな7月の講習予告です。

 

今月は午前中の講習のみとなります。

前の月の続きの生地講習です!

 

前回で生地のお話がだいたい終わったので、今回から芯地のお話ですね。

一部の芯地のサンプルを用意して、皆さんにお渡ししていると思うのですが、

それぞれの芯地を比較しどういった違いがあるのかを説明した後、生地に対しての選定の仕方、またその芯地をどういった場所に貼るのかなどをアイテム別でお話していきます。

↑こちらは去年の様子です。

実物のアイテムと照らし合わせて説明するので、すごく分かり易いと思います。

 

パタンナー目線で考える芯地の事なので、他ではなかなか聞けない内容かなと思います。

 

そして、その後縫製するときの針や糸などのお話もしていく予定です。

縫製トラブルにもなりやすい設定の状態に対して、どのように対処するのか、、など

自分で色々と製作されている方にはとても為になる内容だと思います!

 

受講生の皆さんお楽しみに!

 

 

 

 

 

夏用ブラウス(セットアップ予定):生徒作品

こんにちは K です。( ´_ゝ`)

 

雨が降ったりやんだり、不安定な天気が続いていますね。

今週の後半はかなり天気が荒れる予報がでていますので、皆さんも気を付けてください。

夏の入り口にきた感じしますね~

 

さて、今回の生徒さんの作品は、夏に向けたブラウスを作成されるとの事で

自身の原型を作り、そこから作図展開してパターンを作られました。

 

デザイン的にはオフィスでも着れるようなキレイ目のブラウスで、出来ればスカートも共布で作ってセットアップで着るつもりだそうです。

 

 

 

フレンチスリーブで、ウエストは共布でサッシュベルトを作り、どこかオリエンタルで女性的なシルエットのデザインですね。

 

バスト寸のバランスや、ウエストの切替位置など全体のバランスを色々と調節し、この形にたどり着くまで、3、4回ほど修正をかけました。

こちらの方は何度か自分サイズで作品をつくられてますが、やっていくごとに修正の回数が少なくなってきている気がします。

なんとなく勘がつかめてきたのかもしれませんね!

 

本格的な夏が来る前に仕上げたいところです、がんばって縫っていきましょう!

 

 

 

 

 

6月講習予告

こんにちは K です。( ´_ゝ`)

 

梅雨に入りましたが、晴れている日も多いのであまりじっとりした空気になりすぎなくていいですね!

湿気が少なければ、そこまで暑さを感じないので過ごしやすいです!

 

では今月の講習の様子を報告致します。

 

まずは午前中が生地講習ですね、毎年行っている講習ですが人気のある講習ですね。

今回は分で作品を作っていきたい人や、趣味で縫っていきたい方の参加が多かったです。

 

本日は糸のお話と生地のお話がメインになりました。

 

まずは生地を構成する糸の事、代表的な産地や撚りの種類などのお話、

現在市場に出回るブランドはどういう素材の物を使っているのかということも交えたり、皆さんも興味深い内容のお話だったのではないかと思います。

 

生地も布帛のお話がメインではありましたが、ほかにもカットソー素材のお話などもありました、カットソー部位によって編みのちがう生地を使ったりすることも、皆さんには新しい発見だったようです。

 

次回の生地講習は芯地や縫いのお話がメインになってくるかなと思います。

お楽しみに!

 

そして午後は初めての講習である、メンズのパンツ講習です!

まずは初めに作図の様子をみてもらい、その作図が立体になった時にどこの部分にあたり、どのような表情になるのかという事を事前に組んだトワルを見てもらいながら説明していきます。(当日は動画の撮影も致しました!ご迷惑おかけいたしました。)

そして、理想とする完成形にするためにどう変化させていけばいいのか、段階に分けて説明し、最終的にはアイロンによるクセトリまでおこないました。

今回はスラックスの形をメインに説明していきましした。

その後、その形をベースに展開して作ったGパンの説明などもパターンとトワルを使って行いました。

 

講習がひと段落しますと、大阪の代表も交えて質疑応答の時間もとりました。

講習に参加している方は皆さんは、パタンナーとして実績をお持ちの方ばかりでしたので自然とお仕事の時に起きやすいパターンのトラブルや悩み事といった内容が多かったですね。

今回のこの講習が皆さんのお仕事に生かされれば幸いです!

 

薄手のブラウス:生徒作品

こんにちは K です。( ´_ゝ`)

 

梅雨ですねぇ…雨の季節は色々と不自由を感じますが、これが過ぎた後は本格的な夏になってしまうことを考えると、もう少し梅雨の季節が続いてもいいかなーと思います。

夏の暑さが怖いです!

 

そんな夏に向けて

爽やかな薄手の綿ワッシャーを使ったブラウスを作成された生徒さんの作品を今回紹介します。

こちらの方はまだ授業ではブラウスに入っていないので、パターン自体は出来合いのものを使用されたそうですが、ご自分でトップスを仕立てたのは初めてとのこと。

ゴールデンウィーク中に同型で4着作ったそうです!

衿は付け衿っぽい感じで、ウエストにはゴムを通してあり、きちんとシャツインしたような表情がつくれます。

出来あがった物には非常に満足されているようです。

ただ、やはり教本だと分かりにくい部分があったりするそうで、もし次に作る事があるならば参考になりそうな事をお話ししました。

この生地だとこうしたほうがいい、ここの教本の縫代の幅はかえたほうが出来あがりが綺麗など、、、縫っているからこそ理解できるものですね。

 

皆さんも夏に向けて何かアイテムをつくってみませんか?

 

生徒作品:夏に向けてのフレアワンピース

どうも K です。( ´_ゝ`)

 

6月に入って梅雨入りし、気温も少し落ち着くかと思いましたが、なかなか、、、という感じですね。

しかも湿気が出てきたので、トワルも変化しやすくこの時期は困りますね~(+_+)

 

さて、今回は生徒さんの作品ですね!

今回は夏に向けて半袖の爽やかなワンピースを製作されました!

 

最近はフレアのたっぷり入ったようなワンピースが流行っていますよね。

形もシンプルであまり凝ったようなものは見かけないかなーと思います。

 

生徒さんもそういった雰囲気で、+少しひねったデザインが欲しいという事で作られた形がコチラです。

全体でかなりのフレアを入れたので、生地を裁断するとき大変だったそうです。

形はすごくシンプルですが、裾の形に角がついており表情が面白いですね。

 

衿の周りはソーイングの授業でやっている見返しの始末!

ボタンは表に見せたくないので内側につけたそうです。

 

ただ一つ失敗したかなーと仰る部分が、見返しを小さく作りすぎてひっくり返りやすいことだそうです。

動きやすくて軽い生地だとそういう弊害もでるんですね、、。

 

そういう時は裏地付きで作ったほうが安定するのかもしれないですね。

 

 

 

6月講習予告

こんにちは K です。( ´_ゝ`)

 

6月に入りますね。晴れの日が多く続いておりますが梅雨入りはもうすぐだそうです。

しかしここ最近の世間を騒がせてるニュースですが、とても痛ましいものが多いです、、安全に日常を暮らすために、私たち個人が考えどのように自己防衛していくのかしっかりと意識して行動していく時なのかもしれませんね。

事件で犠牲になられた方に哀悼の意を捧げます。

 

さて、6月の特別講習の予告です。

まず午前中の講義ですが、毎年行っている芯地講習です!

こちらの講習を目的に入学を検討されることもあるくらいの人気の講習で、6月と7月の二回構成で行われます。

どちらかを参加すればいいというわけではなく、2部構成になっております。

二回の講習を通して、生地、芯地、糸、の選定と使用の位置と考え方を主にパタンナーの目線、縫製の目線どちらともの立場からも答えていこうと思います。

 

資料をお渡しして、しっかりお話していくので結構時間を要しますが、なかなか他では知る事の出来ない知識ですので、しっかりとした製品を作っていきたいという方には、損が無い内容になっていると思います!

 

そして午後の講習、こちらは初めての講習です!

 

メンズのパンツの講習です!

メンズのスラックス、ジーパンなどを作図していくときの手順や考え方の講習です!

トワルを使って色々なシュミレーションをしたり、理論なども盛り込んでやっていきます。

講習形式なので、生徒の方には資料を見ながら講師の作業を見て頂く形になると思います。

 

注意として、説明していく内容は基本上級者向けです!

オペラの授業でパンツまでいっている方は理解出来る内容かと思いますが、全くパンツの作図をしたことない方には少々難しい内容になるかと思います。

聞いているだけでも多少は為になるかもしれませんが、それでも最低ジャケットまで講習が進んでいる方が望ましいです。

 

これまでレディースのパンツの講習を受けたが、メンズもやりたい!という方には是非受講を検討してみてください。

 

 

5月講習報告!

こんにちは K です。( ´_ゝ`)

5月というのに夏日が続きますね。梅雨もまだ来ていないというのに、、、。

今年の夏は一体どのくらい気温が上がってしまうのか、、考えただけでも恐ろしい、、、実家の犬が心配です。

 

さて、先日予告しておりましたパターンメーキング技術検定の2級模擬試験を行いましたので報告します!

 

いつもなら、2、3級の模擬試験としているのですが、前に書きましたように今年から変則的な試験実地日になりましたので、今回は2級受験者のみ。

 

なのでいつもより人が少ないですね。

しかし、受講される方はその分講師に聞きやすい環境だったかもしれません。

今回の1/2作図の出題は主にジャケットですが、グレーディングはスカートのグレーディングとなっております。

これまではジャケットやトップスのグレーディングが出題されることがあったので、それを考えるとハードルが少し下がったのかもしれません。

しかし、普段からグレーディングに慣れてない方にとっては、どんなアイテムでも時間がかかるものです。今回の試験で問題点や制限時間について意識することになったと思いますので、あと一か月程で頑張って仕上げていきましょう!

 

グレーディングはしっかりと勉強してルールさえ覚えていれば大丈夫です!

あとは注意深さとしっかり見直す時間があれば間違うこともないと思いますよ!

分からないことは講師にお聞きください。

 

もちろん、他のジャケットの作図や工業用パターンもしっかり予習をして、時間に余裕を持って終われるようになるくらいがいいですね!

 

ロングワンピース制作!!:生徒作品

こんにちは K です。( ´_ゝ`)

 

5月に入って、暖かい日が安定してきましたね。

このくらいの気候が過ごしやすくてとてもいいです!

しかし、この季節はルオペラ東京校では困りごとが一つ増えます、、、。

ベランダにハチが徘徊するようになることです!

巣をつくる場所を探しているのでしょうか、、、?

突然どこからともなくやってくるので、この時期はベランダ側の扉をずっと締めっぱなしにしています。虫よけベープをしたり、木酢液をまいたりいろいろしたのですが効果は無し、、、。ここで巣をつくらないように見張るぐらいしかできません。

はやく諦めてくれないだろうか、、、(泣)

 

 

では今日は生徒さんの製作中の作品の紹介をしたいと思います。

 

一枚でサッと着れる、生地の量感がたっぷりとしたワンピースを作りたいということで、

自身の原型から作図し、トワルを組み立てるところまできました。

裾のラウンド具合に拘りがあるので、遠目から何度もチェックして修正していきました。

フレアの量感も大きくしすぎると、使いたい生地にうまく入らないかも知れないとの事なので限界ぎりぎりの所をねらいます。

(切り替えの数を増やしたり縫製の箇所を増やしたくないようで、極力シンプルな見た目にしたいとの事でしたので)

 

自身の気に入ったシルエットになるように撮った写真を見たり、鏡で動きを確認し調節していきました。

そして

 

シルエットが完成!

袖アリバージョンですね、袖も何度も動作確認いたしました。

 

 

これを基準に、何型か作る予定とのことですので楽しみにしております!