ル・オペラは企業で通用する「高度なパターン技術と縫製」を学習、研究する教室です。

マイブランド

4月講習報告

こんにちは K です。( ´_ゝ`)

 

最近は春の嵐がすごいですね。講習当日も朝からビュンビュン雨風が吹いて皆さん大変だったようです。

 

さて午前の講習はスカート講習の最後ですね。

この時間の仕上がりを皆さん目指します!

 

パターンは、一人体調が優れずお休みされましたが皆さん無事に完成パターンまでたどり着けたようです。

 

細かい所の完成は、少し残った方もいらっしゃいましたが、もう縫えるところまできたので縫ってみます!とおしゃっていました。

 

ソーイングの方は、完成してかつ二つ目を縫おうとする方もいらっしゃいましたが、残念ながら完成まで至らなかった…という方もおられて、進行に差がでてしまいました。

 

皆さんかなり作業に集中されていたのですが、やはり縫う事に慣れていない方にとっては、ミシンの扱い自体に苦戦されたようです。

 

うまく完成までもってこれなくて申し訳ないです。

出来なかった方はまた授業時間等を使って完成させていきましょう!

 

↓以下ソーイングで完成した生徒さんの作品です!

 

 

 

そして午後は初回セミナーです。

毎度おなじみで、させて頂いてますが

今回は3DCADのお話など、これからのパタンナーというものについてのお話なども盛り込まれました。

講義が終わった後の生徒さん同士も随分打ち解けたようでワイワイしながらサンプルなどを触っておられました。

 

 

そしてとうとうきました気の講習です!

今回参加した生徒さんの中には、合気道をやっている方が何人かいらっしゃり、かなり盛り上がりました。

 

この講習では、注意されていればケガすることもなく身体の使い方や身を守る方法などが学べますので、最初は不信感を抱いていた生徒さんも最後には楽しく講義に参加できたようです。

 

今回が好評でしたので、また行うかもしれませんので受講できなかった方も機会をお待ちください!

4月講習予告

こんにちは K です。( ´_ゝ`)

 

春うらら、都内の八重桜は緑の葉をつけながら満開になりかけています。

本当に今年は季節が早いですね。

 

そんな今月の講習の予告です。

今週末に行われます、講習ですが午前の部はスカート講習の3回目です。

今回で最後になりますね、縫製の方は完成まで、パターンの方は立体で組んで修正し、完成パターンまでいけたらよいかなと思います。

パターンの方は完成パターンを実物で縫って形にしてみると、より自身の勉強になりますよ!

縫製の方はファスナーや手縫い糸など細かい副資材が必要になってくると思いますので、忘れないように気を付けてくださいね。(分からなければ講師に確認してください。)

 

そして午後はいつもの初回セミナーです!

新規の生徒さんを対象に代表がお話と、オペラの勉強についての紹介や、現在のパタンナーという立場が業界のどんな役割を求められているのかという話など、色々盛りだくさんでお話します。

生徒さん自身の話題を振る事もありますので、その時は少しお話して頂ければと思います。

 

そしてそして…とうとう東京でもやります!!

”気の講習”です!

大阪では何度か行ったことがあるのですが、東京で遂にその神秘のヴェールが解かれます!

服を作りに来ているはずなのに、何故か合気や気に詳しくなって簡単な護身術も学べるという謎の多い企画ですが、何故そんなことが出来るのかという事は話せば長くなりますので、気になる方は当日代表にお尋ねください。(笑)

 

人体をやわらかくほぐすので、肩こりの改善や緊張がマシになるかもしれません。

講義が終わるころは血の巡りが良くなって眠くなる方も多いので、不眠にもいいそうです。

この講義が終わるころにはちょっとだけ健康になっていると思いますよ!

様子が知りたい方はパタンナーズライフのクリエイティブホリデーの記事をご覧ください。

 

 

 

 

新学期のスタートと春のスカート祭り③:生徒作品

こんにちは K です。( ´_ゝ`)

 

今年の桜はこれまでで最速じゃないかとおもわれるほど早く散ってしまったようです。

もう都内の桜はだいたい葉桜じゃないですかね…あとは遅咲きの八重桜が楽しみなくらいですね。でもその八重桜ももう咲き始めてるところがあるんですよ。びっくりです。

 

さて、今週から新しい学期です。

おかげさまで、今期も多くの生徒さんと新学期を迎えることが出来ました。

皆さん宜しくお願い致します。

 

そいういえば、新学期に合わせてボディの補修も行ったのですが

カーブ針を使うとすごく縫いやすかったですので、家のボディ補修の際も使ってみてください。

 

 

では、また生徒さんの作品を紹介していこうかとおもいます。

 

こちらは、タイトスカート原型を使って自分のスカートを制作されました。

 

9ARの原型寸法でちょうどくらいということだったので授業のスカートそのままといった感じです。

生地がかわいらしいですね。バーズアイっぽい生地です。

縫いに関してはベンツが難しかったそうです。(ベンツ止まり位置自体も、もう少し上げたほうが歩きやすかったかもしれないですね。)

 

ですが、彼女にとってオペラでの初めての作品となりましたね。

初まりから終わりまで自分で作った作品です!

 

 

春のスカート祭り②:生徒作品

こんにちは K です。( ´_ゝ`)

 

すっかり暖かい日になり、もう冬の面影はありませんね。

近くの神社の桜も今が盛りとばかりに咲いています。

個人的には、桜吹雪は夜の方が美しいと感じる今日この頃です。

 

今期の授業は全て終了し

現在は、学期末の補講を行っております。(3月31日まで)

教室を開けている時間が不規則ですので、授業見学を希望される方は気を付けてください。

また、来期は4月の第一週から始まりますので、宜しくお願い致します。

 

 

さてさて、本日は前にやっていた生徒さんが作ったスカート作品集です。

まだ一型しか紹介していませんでしたからね!

 

本日は、講習を受けたスカートを作ってみましたシリーズです。

(写真は今年の冬の終わりに撮ったものなので、生地はどちらも冬物です。)

 

まずは

随分前にスカートの講習で講義をして、その時の型紙から自分好みの丈に直したものを制作されました。丈感が今どきのちょっと長めになっていますね。

この丈感はしばらく流行り続けるのではないかなと思います。

履きやすく、使いまわしやすい丈ですよね。

 

次にこちらの方のは

授業で作った型紙を、自分サイズに直し、実生地で縫われたものです。

一度、別生地で制作されたのですが、その時は失敗があり断念されました。

ですが、生地を変更し再度挑んで無事完成されました。

 

一度の失敗でもめげずにやって良かった!と仰ってました。

時には間違う事で学ぶことも多いですが、意外とダメージは残るもの、再度挑むというその情熱が素晴らしいですね!

3月講習報告

こんにちは K です。( ´_ゝ`)

 

少しづつ暖かくなる日の方が多くなってきましたね。

世間では卒業シーズンで、袴姿の女性もみかけるようになりました。

東京では桜も咲き始めているので、街に色がつき、賑やかな風景となっています。

 

では、先週末の講習の様子を報告致します。

 

午前中は、スカート講習の続きですね。

作図組は、今回で作図が大体終了くらいになり、シーチングで形をとる所までいった方もいらっしゃいました。

自分サイズで作られている場合は両身で作って着てみてチェックするので、いつもより手間と生地がかかりますね。ですが、完成が楽しみでもあります!

 

縫製組のほうは、皆さんおおむね折り返しのところまできました。

ほぼ完成のところまで来ている方も中にはいらっしゃいました。

ミシンに触ったことがめったにない、、と言う方も四苦八苦しながら頑張って形にしてらっしゃいました。縫製は完成への道のりが明確なので、やっていく喜びというものがありますね。

次回で終わらせるのを目指して皆さん頑張りましょう!

 

次に午後のメンズシャツ縫製の補講です。

こちらは少々集まりが悪かったので残念です(T_T)

 

集まった方の中には、完成したので、もう一枚作りますという猛者もいました。

今回の補講で完成までたどり付けなかった方は、授業時間中か金曜の自主時間を使って完成を目指して頂ければと思います。

焦るとミスも出ますので、残りはゆっくり確実にいきましょう!

完成まで、ほんとにあと少しです!!

 

 

 

3月講習予告

こんにちは K です。( ´_ゝ`)

 

●お知らせ●

引き続き、2018年4月期の生徒募集中です。

詳しくはお電話にてお問い合わせください!

 

では3月の講習の予告です。

 

午前は先月のスカート講習の続きです。

作図組は、早い人は展開などを終えてトワルを組めるかと思います。

もし自分で着用を考えている方は、両身を組むかと思いますので、しつけ糸と縫い針の準備をしてきてもらうといいかと思います。

 

縫製組は、裁断が終わり縫製に入るかと思うので、

糸やボビンなどをの準備をしてください。生地の色が特殊な方はロックの糸も必要になってくると思いますので、担当の講師とご相談下さい。

 

 

午後はメンズドレスシャツ縫製の補講です。

講習を休んでしまった方や、まだ完成していないという方は参加して頂ければと思います。

既に完成されているという方は、参加しなくても大丈夫です。

↓完成している方の作品です!

 

皆さん頑張ってこの時間の完成を目指しましょう!

 

 

 

春のスカート祭り①:生徒作品

こんにちは K です。( ´_ゝ`)

 

現在2018年4月期の生徒募集中です。

お電話にてお問い合わせください!

 

気象予報士の方がTVで仰ってましたが、3月に入ってから寒くなるのはどんなに気温が下がっても、それは冬の寒さではなく、春の寒さであるらしいです。

根拠としては気温の下がり方に特徴があって、春の寒さは気温が下がってもまた戻るというのが一日の気温の変化でも見られるそうで、風もまた変わり、東からの風が多くなってきます。

 

東風(こち)吹かば にほひをこせよ 梅の花、主(あるじ)なしとて春な忘れそ

と菅原さんの歌を聞いて、昔の人もそうやって春がくることを知っていたなら、その手段が気になる今日この頃です。

 

さてさてそんな春の訪れが待ち遠しいですが、生徒の皆さんの中でスカートを制作してる方が多くなってきました。

勝手に春のせいかなと思っているので、春のスカート祭りとして皆さんにご紹介していこうかと思います。

 

まず#1:自分の原型から作るタイトスカートです。

こちらの方は、まず自分のスカートの原型から作って自分に合った形のものを!という事で…

原型自体は去年の夏ごろにもう製作に入っていて、いつでも自分のスカートを作れるように準備されていました。

 

↑かなり細身の方で何度か修正致しました。

 

そして、授業でやったタイトスカートの縫い代付けなどを参考に、自分の好きな丈に設定し直し作製!

ソーイングも授業がある程度進んでらっしゃる方で、特に講師の助けは必要としない方なので、ほぼ家で制作されました。

(座っていらっしゃったので腰回りにシワがありますが、アイロンですぐ消えるものです。)

また現在は二個目のスカートに取り掛かり中とのことでしたので、またそれの出来上がりが楽しみですね。

 

 

体験セミナーを実地致しました!

どうも K です。( ´_ゝ`)

 

こちらの事情で、ここ2日ほどブログページの画像表示ができませんできず、ご不便おかけ致しました。

さて、日本は春の嵐が訪れ、三寒四温の季節がやってきましたね。

この時期は春の気配にまったりするものの、身体には負担がかかりやすい季節なので、体調お気を付け下さいね。

 

先月末の日曜に体験セミナーを行いました!

今回はだいたい指定の席数ピッタリくらいの受講者でした。

パターンに触れるのは初めて…という方や、やや多かったような気がします。

(ソーイングも行いましたが…、教えるのやら手続きやらバタバタしてると写真を忘れてしまいました…申し訳ないです。)

参加された方の多くが、本校に通う事を既に決めてきている方々でしたので、おかげさまで結構席は埋まりました!

 

ですがまだ残っている席もありますので、入学を希望される方は一度お電話にて空き席状況を確認されることをお薦めいたします。

宜しくお願い致します!

 

2月講習報告!

どうも K です。( ´_ゝ`)

 

オリンピックでは日本人がメダルとったりして頑張っておられますね。

そういうめでたい雰囲気が世間に影響すると、明るくなっていいですね!

 

引き続きお知らせです。

今月2月25日の体験セミナーですが、残り座席数が少なくなってきています。受講を希望される方はお早目のご連絡をお薦めいたします。

それと本校に通われている生徒の方で、来期の継続の有無をまだ講師に相談されてない方は2月24日の授業終わりまでにお伝え頂きますようよろしくお願いいたします。

その日が過ぎますと、来期の継続を自動的にキャンセルさせて頂くことになりますのでご了承下さい。

 

では、先週末行われました講習の様子をお知らせいたします。

まず午前中はスカート講習です。縫製とパターンに分かれて、作業していきます。

 

作図のほうは、工程の1/3程進んで、シルエットを展開してデザイン線を決めた所くらいまでいきました、早い方は次回布で組み立てになるとおもいます。

 

縫製の方は大体の方が裁断まで進みましたね、裁断に慣れてない方もほぼ終わった状態です。早めに進んでる方は縫製まで入りました。

 

どちらのコースも出だしは順調かとおもいますので、後の二回での完成を目指しましょう!

 

そして午後はメンズのドレスシャツ講習と、スペシャルパンツセミナーです。

 

ドレスシャツ講習は本日が最後ですが、3月18日(日)も補講日として本日と同じ時間に教室を開放致しますので、参加される方は講師にご確認をお願致します。

 

今回は主に袖の縫製でした。

袖口の剣ぼろを縫えたら、袖下を折り伏せ縫いします。

丈を合わせズレないようにして気を付けて縫いました。

袖が筒になれば、カフスをつけて、ボタンホールをあけます。

もうほぼ完成なのですが…

あとは釦とガジェットつけというどちらも手縫いの工程ですが、家で進める事を不安に思う方は、3月の補講日をご利用下さい。

 

スペシャルパンツセミナーも今回で最後です。

 

今回は生徒さんが持ってこられたストレッチの素材を使って組み立てます。

そして形を見て理論で処理されたダーツがどのようにとれているか。

シルエットを見ながら不備を確認します。

そして、理論の説明と確認をします。

生徒さんも聞きながら質問をして、良くあるパンツの不備やその修正方法についてもお話をしました。

今回はかなりしっかりセミナーが進められましたので、皆さんもかなり満足されていたように思います。

この講習が皆さんの良い糧になればと思います。

 

2月講習予告

どうも K です。( ´_ゝ`)

 

世間では平昌オリンピックを取り上げたニュースがよく流されていますが、正直今の日本にやってきている大雪のほうも、ヤバいんじゃあないかなと思っています。

 

お知らせです、今月2月25日の体験セミナーですが、残り座席数が少なくなってきています。受講を希望される方はお早目のご連絡をお薦めいたします。

 

さてそんな寒い日が続いている今月(2/18)の講習の予告です。

 

今月は午前中にスカート講習を行います。

毎年行っているパターン縫製と、どちらか選んで頂くコースですが、今回は少し席を多めに設定しています。

現在、縫製の席はいっぱいになってしまいましたが、パターンの席はまだ空きがありますので希望される方は、担当の講師まで相談してください。

 

 

それと、午後は四回目のドレスシャツ講習です。

今回で最後になりますので、なんとか皆さん終わらせて頂ければと思います。

皆さん現在は袖を本体に付けられた所まで進んでいると思いますが、

アームホールのまつり等が不安な方は一度講師に確認してから次に進むようにしてください。

 

最終日には袖の完成と、ガジェット、そしてボタンホールあけがあるので、タンとボタン付け糸を忘れずにお持ちください。

 

スペシャルパンツセミナーも最終日です。

先日の更新の内容にもお書きしましたが、色々なパンツを確かめる事になるので質問も用意されるといいと思います。