ル・オペラは企業で通用する「高度なパターン技術と縫製」を学習、研究する教室です。

パタンナーズライフ

ミリタリートレーニングパンツ➂

台風→酷暑→台風→酷暑

の繰り返しで今年は特に大変ですね・・・

 

私も暑さに弱いので、会社に着くころには汗が・・・着替え持っていってます :-|

 

 

学校は8/11・12・14・15・16・17がお休みです。

体験セミナーのご予約のお電話をされる方はご注意下さい。

生徒の皆さんも気を付けて下さいね。

 

 

では前回の続きです。雨の日が続き、前回帰りにズボンがびちゃびちゃになりました :-|

雨の日にもいけるパンツにしたいと思います・・・

麻の予定でしたが、残ったナイロンで作ります :-|

 

前回修正したパターンをお見せしていなかったので・・・

ほんの少しの修正ですが・・

後ろ全体は減らす事をしていますが、それだけだと足の上げやすさが心配だったので、前は少し増やしています。

結構見た目大きく変わります。特に後ろです。

 

サンプル

 

修正後

修正前はお尻の下が結構オムツっぽくなっていますが、修正後は軽減されています。

ただ、これを全部無くすと足が上がらないものになるので調整が難しいところです。

 

 

トレーニングパンツという事で、サンプルのものはたぶんですが・・

足は生地がばたつかないよう細くし、運動量を確保しなければならないので、お尻周りに運動量をもたせているというパターンかなと

ただ、日常生活でそこまでの運動量はいらないなと思ったので少しだけ減らして見た目重視しています。

 

このバランスが難しいですよね・・・ :cry:

 

 

で、仕上げのパターンを引きました。

 

自分で縫う用なのでかなりシンプル気味ですが、参考までに

バックポケットは採用で、脇にもポケットプラスしました。その分ウエストあたりの生地が多く集まり、固くなるのでちょっと心配ですが、それも見てみたいのでやってみる事に。

裏地は結局付けることにしました。

サンプルのようにカットソー(天竺)で作るので、特に展開せず表と同じ形でやってみようと思います。(ちょっとシルエット心配 :-|

 

 

脚のファスナーが面白く、是非やりたかったとこです。(裏地付けるのもこのため :lol:

↓これです。

アップでみると

通常コの字型でファスナーが付くのですが、どうしても切り込みが入ってしまうので、裂けたりすることが多いです。なので大抵がカンヌキが入っていますが、これはちょっと違います。

 

パターンはこんな感じかなと↓

よくみると・・・

曲がった目打ち部分まで中縫いされています。そこから上は強引に折って縫われています 8-O

生地が多少捻じれますが、それでもこのやり方なら切り込みを入れる必要が無いので、非常に賢いやり方だなあと・・・ミリタリーものを調べているとたまにこういう仕様を見るので、ほんと面白い :lol: これを考えた人の事を考えるとちょっと胸が熱く(変?)なります。

ではでは次回本番で縫ってみます!結構苦労しそうだなあ・・・

 

あと現在面白い企画進行中です ;-) お楽しみに!!

 

ミリタリートレーニングパンツ➁

猛暑が過ぎたかと思ったら今度は台風で異常気象が続いております。

皆さんお気を付け下さい。

暑さは和らいだ感じですが、まだ8月になっていないんですよね・・・

勘弁してほしいです・・・ :cry:

 

7/31~8/5まで授業はお休みです。在校生の方はご注意下さい。

体験セミナーも少し埋まってきました。8月前半には埋まる事もありますのでお早目に・・・。

宜しくお願い致します :-)

 

さて前回の続きで、シルエットが微妙な形だったのでトワルチェックも兼ねて近い生地で簡易版を縫ってみました。

もったいないので、ロックとか処理もきちんとして家着にしようと思います :lol:

3m500円でシワになりやすい生地ですが :-|

 

では

まずウエストゴムです。

ゴムを調べるために縫製してみようと思いました。

ゴムは特に縫ってみないと分かりません。生地が固い場合と柔らかい場合であまりにも差が(ギャザーの量)が違いすぎるせいです。

今回実際のウエスト仕上がり寸法より-10cmくらいでゴムをカットしましたが、それでもほとんど戻りませんでした。

皆さんもゴムを使用する場合は本番に近い生地を用意して部分縫いしたほうがいいかなと思います。

また今回ステッチを入れたのも戻りにくくなった原因かなと思います。

ステッチ無しの場合は戻る量も多くなりますから注意しましょう。

今回使用したゴムはかなり固めのものを選びました。

こういった仕様(ステッチが入ったゴム仕様)の場合ソフトゴムを使うと全く戻りませんので気を付けて下さい。

縫製は非常に難しいですが・・・(おもいっきり引っ張らないと縫えませんでした :roll: 元々硬い生地にゴムは向かないですからね・・・)

 

 

 

強度的に怖いので股グリにステッチを入れています。

元のパンツも入っていましたが、ヒモは入れましょう・・たまにヒモ無しのゴムパンツ見る事がありますが、思った以上に伸びますので・・・

 

 

ひとまず仮の生地で完成です。

サンプルよりは細くなりオムツ感は減りました。

腿から裾まで極端に狭いので、足を上げるとちょっと引っかかります。

次回はもう少し膝あたりの寸法を大きくしようかなと思います。

 

生地が余ったのでポケットを付けました :-P

これは本番ではやりませんが、ポケット無しも不便だったので・・とりあえずです。

 

ポケットを付けると生地が固くなるので結構印象が変わりました。

よくトワル組みでもポケットをデザインテープだけで済ましてしまう人もいますが、思った以上にシルエットに影響しますのでつけた方がいいと思います。

デザインはサンプルに近いもので作ります。

生地はどうしようか・・・

 

ではまた次回に!水難、熱中症に気を付けて下さいね!

 

 

ミリタリートレーニングパンツ①

パターン検定の勉強は皆さん進んでいますでしょうか?そろそろ形が安定しないといけない時期です。頑張って下さい!

 

そして気が付けばそろそろ募集時期が近づいてきております・・

10月期募集です

http://www.leopera.com/news/20180715/1217

 

東京校のみ体験セミナーもありますので是非東京校にお電話でご予約下さい!

http://www.leopera.com/news/20180715/1086

 

 

暑いですね!

例年より暑くなるのが早すぎてうろたえております :cry:

暑いのはホントに苦手なので、これが3、4カ月も続くと思うとげんなりです :-(

 

せめて着ている物は薄いものを着用したいところですが、、今回から進めるのは場合によっては暑苦しくなりそうな気配・・・ :-|

トレーニングパンツです。

 

ちょっと前からメンズでもゴムパンツをちらほら見る機会があったのでやりたいなと思っていたところ、かなり前に購入した古着にゴムパンツがあったのを思い出しました。

ゴムパンツと侮ることなかれ、簡単だからこそ色んな工夫があるかもと思い、ちょっと調べてみたいと思います。もちろん縫製までです。

 

ではでは・・・

古着屋さんの情報ではイングランドのロイヤルエアーフォースの2000年前後と聞きました。値段は結構安いです。

 

 

ウエストはゴム仕様で5c幅のぶっといゴムが入っています。着用するとかなりハイウエストになる感じです。太ければ太いほどズレ落ちにくいのかなと思います。

 

 

 

ポケットはファスナー付きのポケットです。コイルファスナーなので手に引っかからないのであまり気になりません。ファスナー付きポケットでよく見るファスナーです。

 

 

脇にはファスナー付きスリットがあります。

このファスナーのおかげで裾の寸法をかなり小さくしても着脱はしやすく感じます。

明き止まりの位置はかなり強引な仕様ですが、馴染みやすい生地なら結構使えるかも・・・

 

 

センターにはコバstが入っており、このおかげで結構着用していてもあまり膝は伸びません。

 

 

裾が一番分かり易いですが、かなり吊っています・・・これは・・

裏が天竺のニットでした・・・汗を吸収するためにこの生地を選んだのかなと思いますが、中でこもるし、汗で重たくなりそうです・・・しかも白 :-|

パターンが表と完全同型のせいで吊っている可能性大です・・

 

ウエストは表裏パンツで挟み込みでかなり簡単です。

ゴムの上がり寸は結構小さいです・・

 

 

どんでん口は後の股グリの位置に突き合わせコバで入っていました。一番楽だったからかなと思います。

 

 

 

着用した状態です。

全体が吊っています・・オムツ感がすごい 8-O 動きやすいは動きやすいですが、結構気になるのでこのあたりの修正をかけつつ縫っていこうと思います。

麻でやろうかなあ・・・ちょっと悩み中

 

ではまた次回!

 

2018年パターンメーキング検定3級②

梅雨明けした傍から台風や雨という、、、

暑いですね・・・熱中症になった方もいらっしゃいますが、あまりクーラーを利かしても体調が崩れるので皆さん体調管理は今の時期慎重に・・・

 

 

外に出るのが億劫なこの時期は皆さん家に籠ってパターンを引きましょう ;-)

 

では、3級の2型目です。

 

デザイン画です。

珍しいセーラーカラーの半袖ブラウスです。

タイトめの身頃でダーツが前後に入っています。

袖山はもちろん高いです。これは前回と同じくらいだと思います。

 

 

 

 

 

寸法はコチラ↓

 

 

着丈 = 58.5cm

肩幅 = 40cm

バスト = 97cm

裾周り = 105.8cm

袖丈 = 19cm

袖幅 = 33.1cm

袖口 = 31cm

袖山 = 14cm

 

前回の3級①から裾周りを若干小さくしているくらいで他はほぼ同じです。

ボディは同じキプリス9ARです。

 

 

 

 

パターンです↓

 

まず展開の仕方が分からないと結構質問されることが多いので、順番に掲載しましたから、この画像でイメージできるようになって下さい。

SNPは0.4cm削り、FNPは5.8cm下げました。

前下がりが強いデザインものの襟ぐりです。

 

ウエストの位置は原型よりも1.5cmくらい上げた所です。

後ろダーツは3.2cm 脇は3.0cm 前は1.8cm

ここで前のダーツのラインを引いていませんが、この段階で考慮しましょう。

 

 

裾で2cm位開きます。

 

 

ダーツを記入します

 

 

バストダーツを裾に展開します。

前回と同じくらいの分量たたみました。

このあたりは自分のバランスで確認してみて下さいね。

 

 

後身頃は後ろアームホールが大きかったですから少し裾に展開しました。

前後でバランスをみて調整しましょう。

 

 

衿はかなり大きいもので難易度は高めかなと

参考の寸法を記載していますが、あまりこの数字にとらわれ過ぎないようにして下さい。

自分のバランスを見つけましょう。

 

袖は前回とほぼ同じです。

 

完成トワルです↓

 

提出用パターン参考です。写すのに慣れない方は練習しておいてくださいね。あわてて記入漏れが無いよう余裕を持って挑みましょう。

提出はしないですが工業用パターンです。

ご参考に

 

では皆さん!練習を始めている方もいらっしゃいます。ひとまずやってみて下さいね。

思った以上にうまくいかなかったり、時間が足りなかったりしますよ :-|

 

一緒にがんばりましょう!

 

 

 

 

2018年パターンメーキング検定2級②

みなさま、こんにちは。

 

パターン検定2級のデザイン画2つ目です!

 

ボチボチ筆記試験の結果も返ってくる頃かな?っと思いますが。

まだ早いですかね?(^^;)

 

今回も実技試験の参考にして下さい。

 

 

では、2級の二型目です。

 

デザイン画です。↓

 

 

3つの面のジャケット、3面体、3パネルなどと呼ばれるジャケットです。

ダブルのジャケットは去年もありましたね。

去年とはボタンの数が違い、丈も少し長くなったかなっといった感じです。

 

 

 

寸法はコチラ↓

 

 

着丈 = 63cm

肩幅 = 38cm

バスト = 95cm

ウエスト= 80cm

裾周り = 102.8cm

袖丈 = 58cm

袖幅 = 32.9cm

袖口 = 24cm

袖山 = 15.8cm

 

 

ボディは10missです。

デザイン画①と同じコメントになりますが・・・

会場によってかなり用意されるボディが違いますから、注意して下さい。

キプリス9ARで出た場合は肩幅も少し出しておいた方がいいでしょう。

 

 

 

パターンはコチラ↓

 

ウエストダーツは

後身頃と脇身頃の切り替え位置で 4.4cm

前身頃と脇身頃の切り替え位置で 1.4cm

前身頃ダーツで 1.6cm

 

こちらは参考の寸法です。何度か練習して自分の寸法を見つけて下さい。

 

 

一型目とほとんど変わりませんが

 

後ろ肩に6mmほどイセを入れてます。

サイドネックは4mm原型から削っています。

衿ぐりには10mm程(3°位)逃がし、切り替えに7°程で合計10°位たたみました。

 

 

 

衿腰3cm

衿幅5cm

衿の開く角度は23°くらいです。

 

一型目のデザイン画より衿腰が高く、衿幅も広めのデザインだったのでかなり難しかったです。

衿の返り位置の設定も難しく、ボタンとのバランスを見ながら、丈も調整しつつ、ポケット位置も決めたので、当日焦ってしまう自信がある方はある程度、自分で決めた数字を覚えておいた方が良いと思います!

 

今回は衿の返り位置をバストラインの位置で設定しました。

 

ボタン間隔等も練習して決めておいた方が良いと思います。

 

 

 

 

袖です↓

 

イセは合計36mmの分量を入れています。

当然ですが3級よりイセの量が多いのでピン打ちは練習必須です!!!

私が2級の試験を受けた時も隣りの受験者の方が袖のピン打ちがうまくいかず、かなり時間をロスしていたので(+_+)

 

隣りの方を心配できるくらい余裕をもって綺麗なトワルを作りましょう(^_-)-☆

 

 

 

トワルです↓

 

 

 

 

 

完成パターンです↓

 

CB、CFなどの記号、地の目、パーツ名、見返し線、イセの記号がないとマイナスの採点になりますから忘れずに。

内袖ももちろん反転状態で提出ですから、意外に時間を取られるかなと思います。

 

 

試験は↑抜き出しまでです。

 

 

 

参考の工業用パターンも↓

 

 

毎度、同じコメントになってしまいますが焦らず、自分の練習したペースで、隣りの人は気にせず頑張って下さい!

 

試験が楽しかったと思えるくらいに( *´艸`)

 

ご清聴、ありがとうございました。

 

LE・OPERAオリジナルコート

今回ご紹介するのは・・・

ル・オペラで新しく開発した女性らしくスッキリとしたシルエットのコートです!

 

 

 

 

 

ものすごくキレイなコートです!

 

毛芯を使った高度なテクニックや、正確で新しいパターン、縫製がマッチするとここまでキレイなものになるんだなと・・・ :lol:

 

皆さん是非参考に!!

 

 

 

2018年パターンメーキング検定2級①

ジメジメ、梅雨の季節の到来です :-|

嫌な季節ですが、皆さんパターン検定は合格発表を待たず、練習を始めましょう!

3級も大変ですが、2級はもっと大変 :cry:

同じ時間でジャケットですからね・・・

 

 

では、さっそく2級の一型目です。

 

デザイン画です。↓

 

 

4つの面のジャケット、4面体、4パネルなどと呼ばれるジャケットです。

去年は3面体だけだったので、今年は例年通り3、4どちらが出るかは当日にならないと分かりません。

デザインは1つボタン、ショート丈で衿先が丸いものです。

 

 

寸法はコチラ↓

 

 

着丈 = 53cm

肩幅 = 38cm

バスト = 94cm

ウエスト= 78.6cm

裾周り = 96.2cm

袖丈 = 58cm

袖幅 = 32.9cm

袖口 = 24cm

袖山 = 15.8cm

 

ボディは10missです。

会場によってかなり用意されるボディが違いますから、注意して下さい。

キプリス9ARで出た場合は肩幅も少し出しておいた方がいいでしょう。

 

 

パターンはコチラ↓

ウエストダーツは

後中心 1.0cm

後ろ切り替え 4.4cm

脇 2.1cm

前切り替え 2.0cm

 

これもあくまで参考の寸法です。自分の寸法を見つけて下さいね :-P

 

 

サイドネックは4mm原型から削っています。

衿ぐりには10mm程(3°位)逃がし、切り替えに7°程で合計11°位たたみました。

 

 

 

衿腰27mm

衿幅45mm

衿の開く角度は22°くらいです。

今回衿腰が高いし衿幅も割と広めのデザインですから結構シビアで難しいです。

自分の形を完全に決めて行かないと難しいでしょう :-|

年々衿が高くなってきている気がします。

 

 

袖です↓

イセは↑位の分量を入れています。

少し多めのほうが調整はしやすいでしょう。

ピン打ちが難しいと思いますが、慣れるまで何度も練習して下さい。

 

 

袖下は↑これくらいで。

いつものようにですが、20分切るくらいで引けないと時間が足りないかなと思います。

 

 

トワルです。

ピン打ちは正確かつ早くです。

3時間半の中でトワル組みの時間は1時間位です。ほんとに時間がありませんしアイロン台は混み合います。なんか脅しているみたいですが、ホントに時間ないですから・・・ :oops:

 

 

完成パターンです。↓

 

CB、CFなどの記号、地の目、パーツ名、見返し線、イセの記号がないとマイナスの採点になりますから忘れずに。

内袖ももちろん反転状態で提出ですから、意外に時間を取られるかなと思います。

 

 

試験は↑抜き出しまでです。

 

 

最後に

いつものように参考の工業用パターンも↓

 

ご参考までに。

では皆さん一緒に頑張りましょう!

2018年パターンメーキング検定3級①

みなさま、こんにちは。O岩です。

 

今年もPM検定試験の季節がやってきました!

 

筆記試験も終わり、ドキドキしながら合否待っているかと思います(+_+)

わかります。私もそうでした。笑

 

 

 

 

では、3級の一型目です。

 

デザイン画になります。

 

スタンドカラーの半袖ブラウスです。

胸ポケットの内側にダーツがあります。

今年も袖山は高いですね。

後ろはヨークの仕様でタックが1本入っています。

 

 

 

 

寸法はコチラ↓

 

 

着丈 = 59.5cm

肩幅 = 40cm

バスト = 97cm

裾周り = 108cm

袖丈 = 19cm

袖幅 = 33.2cm

袖口 = 31.4cm

袖山 = 14cm

 

 

以上になります。

ボディはキプリス9ARです。

 

 

 

 

パターンになります↓

SNPは5mm削り、FNPは8mm程下げました。

 

ウエストの位置は原型よりも6cmくらい上げた所で、脇のダーツ量は16mm程取っています。

 

後身頃のヨークの位置はBNPから10cmの所に、タックの位置はCBから12.5cmの所に設定しました。

 

ヨークタックポケット位置前のダーツの位置はデザイン画を良く見て全体のバランスを見ながら決めてください。

 

 

後身頃のタックは1cm幅にしました。

大きく取りすぎると裾が膨らんでくるので注意して下さい!

 

前身頃は裾で2.5cm程開いて、前下がりは1cm付けています。

衿は2.7cm幅で作っています。

 

 

 

 

袖のイセは全体で18mm入れています。

これくらいならピン打ちもそこまで難しくはないと思いますが練習は重ねておいた方がいいと思います!

 

袖山は14cm設定にしていますが組んでみて微調整して下さい。

 

ここで悩んでいても本番は時間が限られてるので組んで確認した方が断然早いです!

 

 

 

 

 

工業用パターンです↓

 

 

受験案内の提出物にもファーストパターン(必要と思われる記号・名称などを記入)と書いてありますので、CBやCF、地の目など忘れないように気を付けて下さい(*^_^*)

 

 

 

 

 

完成トワルです↓

 

 

 

 

一度、作図に何分、トワル組みに何分等など時間を測ってペース配分しながら練習するといいと思います!

 

受験される皆様、頑張って下さい!(^^)!

 

ご清聴、ありがとうございました。

 

 


 

 

 

 

 


 

 


 

 

 

カバン 生地替えリペア➁

そろそろ梅雨入りですが、湿気でシーチングがふにゃふにゃになる季節です。

組んで1時間もしたら結構影響出てきますね。

やっぱり乾燥している冬とかのほうが少し張りがあるんですよね。

 

 

 

カバンですが、頑張りました :-P

苦労したのはやはり分厚いところ。

工業用の専門的なミシンじゃないと、あまりに分厚くて下糸が掬えないことが結構ありました :-|

 

 

ここなんかは縫製するときの音が、「ドゴドゴ」でしたからね・・・

 

 

 

あとはファスナーとテープが重なっているところなど厳しかったです。ファスナーの隙間を上手く針を落としてなんとか縫いましたが、あまりキレイと言える仕上がりには出来ませんでした :-|

 

 

 

こういったところの角の丸みもかなりきついです。

ナイロンという条件でもしんどかったですが、カタチ保持のチューブをさらに縫う所は何回もやり直しました。

 

 

完成がこちら↓

 

 

結構生地が合っていて違和感全然ありません。

何回か使ってみましたが、合う人にはバレませんでした ;-)

張り替えたんですよと伝えると、「え?ホントに?」というリアクションを頂きます。

ありがとうございます :-P

 

 

ついでにいえば撥水生地なのでカバンにはもってこいの生地でした↓

 

 

 

 

 

 

 

 

資材は再利用しました。カバンの資材に明るくないのでなんともですが、売っているのを見た事ないものも多かったです。

資材目的で、安く売られているあまり状態の良くないカバンを購入してもいいかなと思います。

カバンは資材多いですしね。

 

使った資材は

逆開コイルファスナー110cm×2本

コイルファスナー50cm×2本

持ち手太幅テープ(綿風のポリエステル素材)、ドットボタン、カン(これも売っているのは見た事無いタイプ)・・・と上げればキリが無いくらい集めるのが大変そうです。

資材を購入したりの手間を考えるとこういうリペアもありだなと思いますし、気に入った形のカバンなので作り直して良かったです。その時にちょこっとデザイン変えてみたり、工夫して使い勝手よくしたりできますしね。

むしろ自分の好きな生地で作り替えられたので、このカバンを販売したところにリベンジ出来ました。

ありがとうございます ;-)

 

まあ、でも購入時にこの状態の裏はホントにひどいと思いますので、購入の際はよく確認しましょう・・・ :cry:

 

 

 

 

カバン 生地変えリペア①

GW明けから天気がおかしいですね :-|

早く例年通りになって欲しいですね・・・

 

さて突然ですが、皆さんは買った製品に文句を言いたかったことありますか?

私はあります。↓コレです :-|

某ブランドのカバンですが、良くない商品を購入してしまいました

 

以前友人が持っていた型のカバンで欲しいなあと思っていたところネットで見つけました。

しかも廃盤なのでもう出回らないだろうというものでした。

それがたまたまセールになっていたので、迷いましたが購入。

・・・で届いて驚きました・・・ :-|

裏の加工はポリウレタンか何かのコーティングなのですが・・・剥げています・・・

しかも縫い代がほつれていてファスナーにひっかかる・・・

しかも4、5回使ったらこんな感じです・・・

多分昔に出た形なので、保管環境が悪かったせいで劣化し、販売店は気づかずそのまま売ってしまったのだろうと思います。

セールなので恐らく返品不可だろうなあと思い、残念がっていましたが・・・

 

うんせっかくなのでばらして生地変えちゃおう :-P

 

生地も薄そうだしいい生地が手に入ったら作ろうと

 

・・・でいい生地が手に入って、しかも都合よく余ったので作る事にしました。

 

副資材はもったいないのでリサイクル

手に入れるだけでも結構な値段と労力になりそうでしたし、比較的好みの資材を使っていたので全部バラバラに・・・

色が違ったので合うかなあと心配でしたが、結構合いそうです。

で、進めてみて↓これくらいまでは結構すいすいでしたが・・・

↓このあたりで徐々に雲行きが・・・

 

角丸の難易度高い・・・めちゃくちゃ縫いにくいです・・・

 

このコードも硬いし伸びないし・・・

ファスナーデカすぎて針が折れそう・・・・

 

 

というカバンづくりの洗礼を受けながら、なんとかかんとか出来ました・・・

やはりカバン用のミシンがないとかなり厳しかったですね・・・

 

もう少し扱い易い生地にしておけば良かった・・・いや、失敗したことで伸びない生地の縫いにくさが分かったので良しとします!

 

では次回完成です!