TOP » 2022 年 1月 – パタンナーズライフ

2022 年 1月 – パタンナーズライフ

簡単縫製!コンシールファスナー静止画動画 ダウンはつくれるか?②

こんにちは :-P

コロナですが、また一気に増えてきましたね・・・

机や、共有部分の消毒など徹底して行い、マスク着用など基本的な事を守りながら開校しております。

見学をご希望の方は必ずマスクの着用をお願いしておりますのでよろしくお願いします!

 

 

2/27(日)に東京校のみで、10時~と13時~で体験セミナーを行う予定ですので、ご希望の方は是非ご参加下さい!

お電話でのご予約となりますので、下記東京校までお願いします :lol:

ルオペラ東京校 ℡03-54731519

 

 

 

動画も引き続きYouTubeで更新しておりますので是非ご覧ください↓

簡単に縫製できるコンシールファスナーの縫い方の動画です。

切り込みなしで出来るので慣れない方もプロの方も見て頂ければと思います!

個人的には大好きな仕様です :lol:

 

 

では前回ダウンを解き始めたところでした。

どんでん口がすごく分かりにくいところにありましたね。

ちなみにMA-1というミリタリーのブルゾンは腰のポケットの中がどんでん口になっている事が多いです。どんでん口を探すのも服の楽しみの1つですね ;-) (マニアック)

 

 

開いてみるとこんな感じでした↓

裏地は2枚で間にダウンがパンパンに詰め込まれております。

中を解くとさすがにダウンが散らばっていました。ステッチを入れた穴から出てきてしまっています。が、そこまでダウンは出ていませんでした。

ダウンの作り方は各ブランドでかなりの違いがあります。

圧着だったりでシームを無くしてダウンの吹き出しを防いだり色々です。

コチラはどんな仕様になっているでしょうか?

↓ダウンが幾分か無くなってしまいましたが :cry: 中の構造を解いて調べてみました。

 

こういう作り方をしていました。↓

 

生地は裏にコーティングのようなものがありましたが、かなり高密度で、薄い生地です。横にステッチが入っています。

ダウンを入れる際によく間にステッチが横に入っているものを見るものが多いのですが、なぜ横か考えてみた事はあるでしょうか?

そうです。ステッチがなく大きな袋状のものにダウンを入れると全て下に溜まってしまうのです。

それを防ぐために、ステッチで「部屋」を作ってあげて部屋ごとにダウンを詰め込んでいきます。YouTubeでもダウンを入れている工場さんの様子を見ることができますね :roll:

こちらのブランドはメッシュ状の生地を間に入れていました。メッシュ状になっていてダウンが引っかかる事でステッチからの吹き出しを防いでいました 8-O

さらに厚みが出る事を考慮して幅広のメッシュ生地にしていました。

いやあ、よく考えますね・・・

おそらくもう少し少ないダウンを入れる場合はこの幅も減らすのでしょう。

 

ばらさねば絶対分からないところですね。

 

ダウンのお部屋に感動したあとは他の部分も見ていきましょう

 

 

ダウンは裾端までパンパンに入っていました。裏地が噴き出てくる(裏地が見えてしまう現象)ので、見返しを付けて、さらに裏コバステッチを入れていました(ダウンの裾や袖口は大体入っています)

 

 

袖口のサムズホールは結構簡単な作りでした(この作り方に拘っているブランドもありますね)フリースなので暖かいですが、劣化しやすいのが気になります。

 

 

各ドローコードはトンネル布を使っていました。裏地側についていたり、表についていたりと場所によって変えていました。(ウエストのドローコードは表についてるものも多いですね)

腰ポケットのドローコードはポケットを取ると↑の写真のように出ていました。

手を出さなくてもポケット内で完結できる仕様です。これは色んなアウトドアブランドが採用している仕様です。もっと複雑な仕様もあります。

知らなかったのは前立て部分の表裏どちらにも裏地が入っていた事です。

表地・裏地・中綿・裏地・表地の計5枚です 8-O 絶対に風は通さないようにという意志を感じます :lol:

 

フード口までダウンが入っていましたが、柔らかく仕上げたかったのか、端がわの仕様になっていました。

 

裏ポケットは裏地に叩きつけられていて、口部分にはゴムが入っていました。

この服全体に言えますが、極力ボタンの仕様を避けているように思います。

ファスナーのスライダーにも全て引手が通っています。

これは「手袋をする」為、ボタンを留めるなどの複雑な指先の動きが出来ない事を想定したからかなと思います。確かに寒いと手袋外したくないですよね ;-)

 

ちなみに外したポケットはこんな感じです。

あとは↑裏地の各パーツにこんなテープが入っていました。

中綴じ用のテープ以外に多分パーツ認識用のテープかと思います。これだけパーツが多いと間違えそうですもんね・・ロックの糸も色を変えていたりと縫製時の工夫がかなり見られました!さすがのプロダクトです!

 

次は部分縫いをしてみたいと思います!

ではまた!

 

 

 

 

カテゴリー: オシャクレ, 動画 | コメントをどうぞ

ミシンによる裏地付のファスナー縫い解説動画 ダウンは作れるか?①

あけましておめでとうございます!

今年も楽しく服を作る事が出来るよう頑張りますので、よろしくお願い致します!

 

年も明けて、2/27から4月期の受付開始もあります!

見学に是非お越し頂いて雰囲気を味わって下さい!お待ちしています!

 

 

 

今回の動画は「裏付きファスナー」の作り方です!かなり内容濃いめです!(ちょっと濃くし過ぎた 8-O )パターンの引き方や、縫い方を忘れた方にオススメです!是非チャンネル登録もお願いします!

 

 

 

やりたかった事が年を越してしまいましたが、始めたいと思います!

「ダウン」です 8-O

ダウンを自分で縫ってみたかったので、やってみようと思います :lol: すごく大変そうですけど・・ :cry: でも自分では出来ないと思わずにチャレンジする事が大事ですよね。失敗したらしたで、いい経験になるので頑張ってみようと思います!

 

せっかくなら自分が着用してどうなるか確認したく、本気仕様のものをやってみます!極寒地用で日本では完全にオーバースペックです :roll:

ほぼ布団と同じくらいの厚みですね!

 

 

着心地は基本ダウンが入っていると身体の隙間を埋めてくれるので重さは分散されて軽いです。着心地の悪いダウンってあんまりないのはこれが原因かなと思います。

フードは隙間が出来てはいけないので、不快感を感じないぐらいにコンパクトになっています。ファスナーを閉めた状態でフードの着脱が出来るのもポイント高いです!

 

袖は運動量が絶対に必要なものなので、ほぼ真横まで上げることが出来ます。

鎌底にはマチが付いているのでここからさらに上げる事が出来ます。

リュックなど鞄を持った状態でも上げやすいですね :lol:

フードをしてみると↑こんな感じです。首を回しても引っ張られるところはないのです。

ただ横が一切見えないので歩くのは危ないです :lol:

 

ひらくとこんな感じです。開くと結構涼しいので衿ぐりは十分に広くゆとりは入っています。

 

↑ここまでの環境に身を置くことはまあないでしょう笑

 

 

ボディに着せるとこんな感じでした。ディティール満載です!ファスナーポケットもしっかり奥まで閉められるように切替にわざわざ隙間を開けています。

胸や腰ポケットにもダウンが外側に入っています。

ポケット外側にダウンが入っていると手を入れた時に外気を感じないので、かなり温かいです。1枚で出来てるポケットは今の時期よくわかると思いますが、寒いですよね ;-)

腰ポケットはサイドからのハンドウォーマー付きです。手の甲側にはフリースが使われているので温かいです :lol:

生地はナイロンで薄手のものが使われています。そうするとファスナーの上げ下げの際生地を噛んでしまうので、噛み防止にステッチが縦にたくさん入っています。

手は親指を入れる用の穴もわざわざつくっているので、手の甲まで温かいです。

裾やウエストのドローコードはポケットの中から調節できるようになっているので、手を外に出すことなく使えます。

中のポケットもこれでもかと言うくらいディティール満載です 8-Oマチ付きの裏ポケットはあまり見ないですね!

どこまで再現するかはわかりませんが、ひとまずばらしてどんな作りになっているか確認してみましょう!

 

 

どんでん口の位置は・・・

この位置でした!綺麗に縫われ過ぎて探すのが難しかったです!最後にコバステッチで止めている仕様ですね!

では次回ダウンの中身がどうなっているか見ていきましょう!

頑張ります :lol:

 

カテゴリー: オシャクレ, 動画 | コメントをどうぞ