TOP » 動画 – パタンナーズライフ

>カテゴリー別アーカイブ: 動画

ミシンによる裏地付のファスナー縫い解説動画 ダウンは作れるか?①

あけましておめでとうございます!

今年も楽しく服を作る事が出来るよう頑張りますので、よろしくお願い致します!

 

年も明けて、2/27から4月期の受付開始もあります!

見学に是非お越し頂いて雰囲気を味わって下さい!お待ちしています!

 

 

 

今回の動画は「裏付きファスナー」の作り方です!かなり内容濃いめです!(ちょっと濃くし過ぎた 8-O )パターンの引き方や、縫い方を忘れた方にオススメです!是非チャンネル登録もお願いします!

 

 

 

やりたかった事が年を越してしまいましたが、始めたいと思います!

「ダウン」です 8-O

ダウンを自分で縫ってみたかったので、やってみようと思います :lol: すごく大変そうですけど・・ :cry: でも自分では出来ないと思わずにチャレンジする事が大事ですよね。失敗したらしたで、いい経験になるので頑張ってみようと思います!

 

せっかくなら自分が着用してどうなるか確認したく、本気仕様のものをやってみます!極寒地用で日本では完全にオーバースペックです :roll:

ほぼ布団と同じくらいの厚みですね!

 

 

着心地は基本ダウンが入っていると身体の隙間を埋めてくれるので重さは分散されて軽いです。着心地の悪いダウンってあんまりないのはこれが原因かなと思います。

フードは隙間が出来てはいけないので、不快感を感じないぐらいにコンパクトになっています。ファスナーを閉めた状態でフードの着脱が出来るのもポイント高いです!

 

袖は運動量が絶対に必要なものなので、ほぼ真横まで上げることが出来ます。

鎌底にはマチが付いているのでここからさらに上げる事が出来ます。

リュックなど鞄を持った状態でも上げやすいですね :lol:

フードをしてみると↑こんな感じです。首を回しても引っ張られるところはないのです。

ただ横が一切見えないので歩くのは危ないです :lol:

 

ひらくとこんな感じです。開くと結構涼しいので衿ぐりは十分に広くゆとりは入っています。

 

↑ここまでの環境に身を置くことはまあないでしょう笑

 

 

ボディに着せるとこんな感じでした。ディティール満載です!ファスナーポケットもしっかり奥まで閉められるように切替にわざわざ隙間を開けています。

胸や腰ポケットにもダウンが外側に入っています。

ポケット外側にダウンが入っていると手を入れた時に外気を感じないので、かなり温かいです。1枚で出来てるポケットは今の時期よくわかると思いますが、寒いですよね ;-)

腰ポケットはサイドからのハンドウォーマー付きです。手の甲側にはフリースが使われているので温かいです :lol:

生地はナイロンで薄手のものが使われています。そうするとファスナーの上げ下げの際生地を噛んでしまうので、噛み防止にステッチが縦にたくさん入っています。

手は親指を入れる用の穴もわざわざつくっているので、手の甲まで温かいです。

裾やウエストのドローコードはポケットの中から調節できるようになっているので、手を外に出すことなく使えます。

中のポケットもこれでもかと言うくらいディティール満載です 8-Oマチ付きの裏ポケットはあまり見ないですね!

どこまで再現するかはわかりませんが、ひとまずばらしてどんな作りになっているか確認してみましょう!

 

 

どんでん口の位置は・・・

この位置でした!綺麗に縫われ過ぎて探すのが難しかったです!最後にコバステッチで止めている仕様ですね!

では次回ダウンの中身がどうなっているか見ていきましょう!

頑張ります :lol:

 

カテゴリー: オシャクレ, 動画 | コメントをどうぞ

紳士パンツスラックスパターン動画 ファスナーについて③

今年最後です!

12/28~1/6まではお休みで、問い合わせや見学ができませんのでご注意下さい!

 

寒さもピークで年末年始らしくなりました。この時期になるともこもこのダウンの出番になりますが、一応ダウンも私は洗うようにしています。アウトドア系だと止水テープというのが縫い目の裏に貼ってあることが多いので、剥離してしまうかもしれないのであまりお勧めしないです :-| 洗うときは洗ったダウンが下に集まらないように平干しにするようにしています。洗う場合はダメになるかもと覚悟の上でお願します 8-O

 

 

動画は今回「紳士パンツ」です!

これも無料で出してもいいのかという内容(ほとんど無料で出していいのかと思うものばかりですが :lol: )メンズのパンツは(トップスもそうですが)特にパターンの引き方が確立されていない分野です。まずその段階で貴重な資料ですし、引き方も全て理にかなっているのでパタンナーの方(もちろん趣味の方も)は必見です!是非見てみて下さい!

 

 

 

では、今年最後はしつこいようですが、「ファスナーポケット」です!

前回のファスナーポケットの改良版で

↑ステッチが0.5cmバージョンでファスナーの位置が縫い目に近いタイプです。

↑最大のデメリットはファスナーの引手がかなり見えてしまいます 8-O

あまり良くないかなと思いますが、引手があまり大きくないコンシールファスナーなどであれば良いかもしれません。使いどころは難しいですが、使う際は縫代幅とファスナーの位置をよく確認して上でステッチの幅を決めるようにしましょう!

 

 

そして・・プラスで↓このタイプのものもやってみました。

縫製している人からの質問があったのでやってみようと思います。

ファスナーポケットの中でもライダースによく見られる「両玉縁ファスナーポケット」です。

裏地があるタイプに使われるもので、袋縫い等は無しで極力薄く仕上げたい時に有効です。

ほんとはポールチェーンというタイプの引手が付いていますが、今回用意できなかったのでお許しを :cry: 最大の特徴は「袋布が向こう布と共通ではなく、控えている」です。

なんだそんな事、と思われるかもしれませんが、パタンナーの方は結構向こう布と袋布を共通でされる事が多いと聞きました。実際は工場さんが調整されているかもしれません。

縫い方を知らないのは良くないと思いますので、やってみようと思います!

 

では

↑パターンの土台はこんな感じです。ファスナーの位置は分かりやすくするため赤で表記しています。3か4号のテープ幅24mmファスナーを使う事が多いと思います。30mmはあまりないかなと思います。

なので表のステッチがファスナーをちゃんと貫通するように0.7cm×0.7cm幅の両玉縁にしました(0.8cmでもいいと思いますがちょっと狭いかもです)

 

パターンは袋布が玉縁の下端までで縫代が0.5cmです。口布は上下分けました(×2枚でもいいです)

 

 

縫製です。

裁断したら口布を2つ折りにして出来上がりに線を引いておきます(慣れている方は必要ないと思います)

口布を2つ折りの状態で叩きます。

Yの字に土台のみ切り込みを入れて

ひっくり返してアイロンで整えます。

私はこの段階で三角布を押さえています。

出来たらファスナーを裏側にセットします。

ファスナーのムシの中心が完全に口布の中心になるように見ながら口布上側に仮止めします。

下側が開いている状態です。

下側と袋布を0.5cmで地縫いします。

出来たら表から下側にコの字ステッチをいれます。

この時ムシの中心がきっちり合うように見ながら縫うようにします。(口が開かないように)

下側が縫えた状態です。

 

あとは向こう布を裏にセットして上側にコの字ステッチを入れて

向こう布と袋布に外周ステッチをいれて完成です!

 

比較的簡単に出来ます!こうする事で、かなり薄く仕上げることが出来ますから、レザーなどの厚みのものには有効かと思います。やり方はほんとに色々あると聞くので自分でやりやすいやり方を探してみて下さい!

口布は中縫い無しでも出来ますし、袋布の地縫いも無しで表からの貫通ステッチで出来ます。

 

 

ちなみに縫製の方からの質問では「1.0cm×1.0cmの両玉縁」の場合は2.4cmファスナーで出来るか?でした・・・・出来ないことないかも知れませんが、上下のファスナー端まで0.2cmはちょっと・・・

 

なんでもデザインとは考えずに「縫うことが出来るか?」を副資材ありきで考えるようにしましょうというお話でした!!

 

それではよいお年を!!今年も1年ありがとうございました!

年明けにはもう4月期の入学準備が始まります!またいつでも見学に来て下さい!

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: オシャクレ, 動画, 部分縫い | コメントをどうぞ

メンズトレンチコートパターン作製動画 ファスナーについて②

一気に寒くなってマフラーが欠かせなくなりましたね

そういえば最近ダウンのマフラー?よく見るようになりました。

着なくなったダウンを解体してマフラーにするのもいいかもしれませんね ;-)

そろそろ解体始めようかと思いますが、その方向もちょっと考えておこうと思います。

 

 

そしてホームページのニュースでもお伝えしていますが、2022年4月期の募集が2/27(日)に決定致しました :lol:

外出が出来なくなって久しいですが、その分おうちで何か趣味を始める方が多くなったと聞きます。「服を買う」だけでなく、「服をつくる」を将来の趣味に加えてもいいんじゃないかなと思います :-P

やればやるほど発見があったり、達成感があったり、ものをつくる行為を生活の一部にすると毎日が楽しくなりますよ!

是非楽しい服づくりを一緒にしましょう!

 

 

 

また動画をUPしていますが、これは特に皆さん見たほうがいいと思います ;-)

メンズトレンチコートのパターンの引き方です!

かなり詳しいパターンの引き方を出しています!これを公開する学校はないんじゃないでしょうか?パターンを引いたことがある方なら永久保存版です!是非何度もみて下さいね!

 

 

 

ではでは、前回の続きでファスナーです!

そういえばまたファスナー問題の話聞きました・・結構縫っていないパタンナーの人が増えてるんですかね・・工場さんとの橋渡し的な役割のはずなんですが、、その話もまた。

 

今回はファスナーポケットです。↓仕上がりはこんな感じです。

パターンは↓コチラ

シーム利用のファスナーポケットですね。

アウトドア系やスポーツっぽいアイテムによくついているディティールです。

今回のポイントは「ファスナー位置の設定をどこにするか」です。

今回ファスナーの幅は3号の25㎜です。

 

 

では縫製してみます。

身頃をポケット口まで上下地縫いします。伸び止めは先に貼っています。

 

 

アイロンで割ります。

 

 

ファスナーを前身頃の裁ち端に合わせてセットし仮止めします。この時前身頃の縫い代幅は20㎜です。←ここ大事!

 

 

袋布を先ほど仮止めした部分に合わせて0.5cmで地縫いします。めくると右の画像のような状態になります。

 

 

表から0.5cmでコの字でポケット口を縫います(この時ファスナーと袋布は縫いません)

 

 

向こう布を後身頃裁ち端に合わせて0.3cで仮止めします。(ファスナーはまだ縫いません)30㎜幅の5号ファスナーだとここはファスナーも一緒に貫通できます。

 

 

表から後身頃側にファスナー貫通でコバステッチをいれます。(この時ファスナーが見えないよう注意します)

地縫いがない状態です。押さえ金を片押さえに変えるなどして地縫いをいれても大丈夫です。

↑こういう状態です。

 

 

あとは向こう布、袋布の上を地縫いして

 

 

裾の三つ折りに袋布を流し込んで、完成です。

 

 

ファスナーの持ち手がかなり厚みがあるので、少し開きますが、ファスナーを奥にしているのでそこまで目立ちません。

ファスナーの位置を奥のほうにしたかったのはこれのせいです。ファスナーの種類によってはこんな持ち手がすごく見えてしまったりするので、ファスナーの選び方には注意したほうがいいと思います!

あとは、このやり方はファスナーの裁ち端と縫代の裁ち端を合わせられるので比較的簡単に縫うことができます!

 

少々マニアックになってしまいましたが、パタンナーの方も出来ていない事をよく聞きます。ファスナーを使う場合は「縫い代設定とステッチ、ファスナー位置」を意識するようにしたほうがよいでしょう!

もしかしたら知らぬ間に工場さんが直してくれてるかもしれませんよ!

次回もまだファスナー続きます・・ :roll: ではまた!

 

 

 

 

 

カテゴリー: オシャクレ, 動画 | コメントをどうぞ

手縫い動画② ファスナーについて①

今年もあと3週間程度ですね・・やり残した事は・・いっぱいありますね・・

なんとか年末までにやってみたいことがあります。一度ダウンをばらしてみたいのですが、なかなか羽毛が飛び散りそうで怖いです・・ :cry:

出来ればそのダウンを再利用して新しく作ってみたいなと思っているのですが、中々大変そうで。やるときにはこちらでその様子も伝えていきたいなと思っています!

 

 

今年もあと少しですが、見学の方随時募集中です!27日の月曜日までは開校していますので(年始は7日から)少しでも興味があればお気軽にいらして下さい!雑談も交えながら、楽しく見学してもらえたらと思います!

 

 

休みは皆さんどこかに出かけるのでしょうか?私は今年もあまり出回らないと思いますが、そんな時に動画はいかがでしょうか?結構な数の動画をアップしていますので、時間が出来た時に一気に見てもらえたらなと思います!

 

今回も手縫いの動画です。

特に糸ループの作り方は他ではあまり見ないやり方をしているかなと思いますので、是非一度目を通してみて下さい!

 

 

では、今回はちょっとマニアック?当然といえば当然のお話を。

少し前に知り合いの縫製している人から、「パタンナーの人って縫ってない人が多いから、ファスナーと縫代の設定がちゃんと出来てなくてよく直してる」という事を聞きました。

よくある話ですが、実際ファスナーがからむと結構難しくなる事が多いです。

特に「ファスナーポケット」は各メーカー、ブランドいろんな仕様があるので複雑な所だと思います。

 

という事で今回から少しファスナーについてのお話を。

 

まずパターンを引くときに考えるのが

「縫いやすさ」または「縫うことが出来るか」です。

縫うことがそもそも難しい事ももちろんあります。

例えばファスナーのスライダーが押さえ金に当たって縫えないなど、設定をミスすると裁断し直しなんてこともあります :cry: 怖い!

あとは「裁ち端を合わせて縫う」が基本になりますが、ファスナーの場合はちょっとずらして縫わないといけない事もあります。ぎりぎり2㎜縫うとかはさすがにしんどいです・・・ :cry:

 

 

なのでファスナーを扱う時は気を付けるようにしています。

 

まず簡単なところから

前開きがムシ隠しのファスナー明きの時(見返しありでステッチは貫通しない)です 8-O

すごい具体的だと思いますが、実際にあった話です。

 

 

パターンはこんなパターンだったそうです

まず↑このパターンが来たそうです。

ファスナーは5号でテープ幅は3㎝です。

まあ分かります。表のステッチを1㎝で見せたかったんでしょう。が、、見返しにステッチを入れなくなかったようで・・なんと見返しとファスナー端の距離が「3㎜」しかありません :cry:

厳しすぎませんか?

 

たぶん1㎝のステッチをデザイン的に優先したかったのでしょうが・・・

デザイン優先のせいで、「縫製のしやすさ」は考慮されていません・・

正解は↓

ステッチを0.7㎝でいいと思います・・

こうすれば・・

「裁ち端を合わせて全て縫える」です!これが言いたかった :-o

そうです。ステッチの幅は決して自由に決めていいわけではなくて、ファスナーや生地、裏の仕様など色んな事が重なった結果「0.7㎝ステッチ」になると思います。

場合によって表のステッチの幅を減らしたりする事で問題が全て解決する事があります!

「こんな見た目にしたいから」ももちろん大事ですが、それが縫製のしにくさと天秤にかけた時に傾くのか考えて選ぶといいと思います!

 

ちなみに

3号ファスナーの場合(テープ幅24㎜程度)

0.5㎝のステッチで・・

縫代は12㎜にすると裁ち端を合わせて↓簡単に縫えます!

 

 

これでファスナーと縫代、ステッチの関係の難しさ(めんどくささ?)は分かって頂けたかと思います・・・

次回

もっと面倒なファスナーポケットです・・・ :cry:

お楽しみに!

 

 

カテゴリー: オシャクレ, 動画 | コメントをどうぞ

縫代の処理方法動画 タートルネック①

もうそろそろ師走に入りますが、今の内から片付け、掃除をしておかないと年末ずっと掃除という目に何年もあってきました :cry:

年末までは休みの日までは掃除三昧ですね :cry: 今年はカーテンを丸洗いしてからプレスする予定です ;-)

しかし今年は年末はどういう人の流れになるんでしょうか?なんとなく皆さん外出していいんじゃないだろうかという空気が出てきていますが、いつものように戻るといいですねえ・・

 

 

さて掃除の合間ににでも見て頂きたい動画です :lol:

簡単な縫代の処理方法を説明していますが、ちょっとしたテクニックも入れています。

「知ってるよー」という方も多いと思いますが、縫製の方法やクセは人によって違うものです。慣れてくるとその人のやり方になってきますが、それまではひたすら情報収集をして試してみるのが上達の道かなと思います。ぜひ皆さん参考にしてみて下さい!

 

 

 

では前回フリースを作成したので今度はインナーでちょっと作りたいものを

タートルネックのカットソーです :-P

すいません(笑)ちょっと私が大きいので分かりにくいかもですが。

おなかの部分はベルトに当たってるということで(笑)

かなり小さかったので、さすがに大きくしようかなと思いまして・・

ストレッチがかなり効いてるニットなのでインナーとして着ようかなと思うのですが、生地はもう少し固めのほうが好みで、ちょっと袖がまた動かしにくいのとお腹の部分が引っかかるので(笑)修正して今年は乗り切ろうと思います!

 

 

袖はかなり袖山が高く、袖側がすっきりしています。ただ、腕はちょっと上げにくく裾が持ち上がってきます

 

袖はほとんど振りがないので余計動かしにくいです。

 

 

衿ぐりはかなり綺麗に収まっているのでこのままでいいかなと思います。

横も結構綺麗です。衿ぐりまわりが綺麗なので買って調べてみようと思ったものです。ただ小さかったので買うのに躊躇しましたが・・

後ろも上手くいっています。

 

 

↓パターンはこんな感じでした。

肩線がかなり後ろに後退していました。

肩線が結構きつかったですが、ニットなので伸びてそこまで気にならなかったです。

 

 

修正しようと思う箇所は・・

・前でフレアを出す

・裾回りを大きく

・袖を前に振りやすく

・肩回りと首回りはそのまま生かす

・ネックの布が少し高すぎるので少し減らす

です!

 

あとは縫いながら生地によっては仕様面で変更するかもしれませんが今のところの方向性はこんな感じです!

 

さあお腹が引っかからない様に作れるでしょうか(笑) ;-)

ではまた次回!

 

 

カテゴリー: オシャクレ, 動画 | コメントをどうぞ

2021年PM検定試験3級②解説動画 メンズフリースブルゾン②

こんにちは :-P

いよいよ本格的に寒くなり(今年は秋がない :-| )セーターを着ている人もちらほら。

ただ、昼が暑いので汗をかいて寒くなって風邪をひくパターンが多いです・・皆さんも気を付けましょう!

 

前回のパターン検定3級の2型目の解説の動画をアップしましたので参考にして下さい!

試験を受けない人も解説でタメになる事を説明していますし、デザイン画からパターンをイメージする練習になると思いますので是非見て下さい!

 

 

 

ではではフリースの続きです!

 

前回がこんなパターンを引いて・・

縫製しました!間違えるにしてもせっかくなので最後まで作って、ダメなところを実感しようと思います ;-)

 

 

衿ぐり先を割りにしたおかげで少し薄くできたのは良かったですが、フリースは縫いずれが激しいので難しかったですね・・・ :cry: ボア素材や毛足が長いものは苦手意識があるので・・むしろ頑張らないといけませんね!

 

 

出来あがりがコチラです!

ぱっと見ただけでは分かりにくいですが・・

 

 

後ろに比べると・・

袖が後ろ振りになっているのでここの前のシワが多い事が分かります。その分運動量になってはいますが、私の生活をする上でこのシワはいらないと思います :-|

実は後ろ振りの袖を見たことがあって、それが「ハンティングジャケット」です。

多分銃を構える時に腕が後ろに振るのでそのような作りになっていたのかなと思うのですが、通常生活する上でそこまでの運動量はいらないですね。むしろ邪魔になってきます。

ただ「袖は前に振るもの」という考えを持つにはおおげさに失敗したものがあったほうがより分かるようになると思うのです。

プロの方は失敗をする時間もないと思いますが、時間が出来たら是非普段しない事もやってみて欲しいと思います :-P

 

 

もう一つポイントが・・

ここの縫い目が集まって硬くなっているので、張りが出てしまっています。

かなり目立ちますし上胸巾が太く見えます。

縫い目をどこにするかで形(シルエット)は大きく変わります。

イメージとしては硬い骨組みがあるイメージでしょうか。

だから紙で作成しただけでは、思ってもみない形になる事が多く、生地の特性でも変化します。ステッチ1本でも硬くなりますしね。

だから「縫ってみよう」だと思います。

失敗は成功(完成度)の元!ひとまず縫ってみましょう!

 

 

縫製に関してはこの部分も角にしているせいで切込をいれないといけません

表からステッチを入れるので、見えませんが、フリースで切込をいれるのは怖いですね・・・ :-|

 

 

 

逆にうまくいった点もあります。

 

ファスナーは硬いのでよくフルジップのものはここの部分が顎やのどに当たってしまうものが多いのですが、(もともとのベースのものは思いっきりあたってしまってすごく痛かったです。)この部分がくの字になりうまくいきました。結構パターンの方では大げさにしました。

 

 

そしてパターンを修正しました。

今度は袖を大きく前に振り・・

 

切替の位置、ラインも目立たないようにカーブさせ、縫製上でも切込を入れなくていいようにしました。

次回またどまた縫ってみてどんな形になるかお見せしたいと思いますので、イメージしてみて下さい!

 

何着フリースつくろうかな :lol:

 

 

カテゴリー: オシャクレ, パターンメーキング検定関連, 動画 | コメントをどうぞ

手縫いの基本 メンズフリースブルゾン①

緊急事態宣言も解除されて少し落ち着いてきたのと、いよいよ涼しくなってきました。

新規の方も入学されて楽しく受講されています :lol:

経験がない方がほとんどです。もちろんパタンナーの方もいらっしゃいますが最近は趣味の方がほんとに増えました。

そんな初心者の方に向けて・・

最初のソーイングの授業でお伝えする内容を動画で作成しました :lol:

入学を考えている方はイメージしやすいかなと思いますので是非参考にしてください :lol:

簡単と侮ることなかれ。手縫いは手縫いで奥が深いものですし、もしかしたら習ってきたやり方と違うかも?経験者の方も一度見てください!

 

 

ではでは、また近々検定3級2型目を掲載する予定ですが、今回はメンズのフリースブルゾンで休憩しましょう ;-)

 

といっても失敗例ですが :cry:

もともとあるアウトドアメーカーのものが着にくくて修正しようとしたのが始まりですが、ほぼ元の形がありません :lol:

ちょっと面白い失敗をしてみましたので、参考になるかなと思い説明していきます!

 

では↓こちら

今回はクイズ形式でどんな形になるか想像してみてください。

 

さっそく修正したものを縫ってみました

 

かなり肉厚なフリース生地です。通常の2本糸直線ミシンで縫えるか心配ですがちょっと試してみようと思います。

芯替わりに以前使用したトリコットの生地を今回も使いたいと思います。

本格的なフリースでかなりあったかいです。

芯が必要な個所は先にトリコットを据えておきました。芯なしでもよかったですが、衿と見返しは固いほうがシルエットがしっかりするので好みで、どうしても入れてみようと思いました。

ステッチでかなりずれてしまうので縫う際に生地の引っ張り加減が難しかったです。

押さえ金もテフロン押さえに変えたり、糸はテトロン糸にしたり、色々試して上手くいきました。

接着芯より柔らかく仕上がりそうです。

 

 

ポケットはカーブしているタイプのシームポケットにしました。少し手が入れやすくなります。伸び止めは貼っておかないと着ているうちにビロビロになります :cry:

さらにステッチも入れてかなり固めに仕上げました。

裏↑向こう布はフリースにしています。温かさとシルエット保持を兼ねています。

 

 

そこからは縫うところが少ないのでここまで特に言うことはなかったです。

なんとなく形は見えてきました?

そうですね。変形のラグランです。

以前に作成したレインコートの切り替えを採用してブルゾンを作成してみようと思いました。

 

前はファスナーでスタンドカラータイプのものです。

縫製の時衿を地縫いするときだけはかなり気を使いました。かなり伸びやすい生地で縫製している間に衿ぐりは伸びてしまうことが多いので、地縫い前に衿ぐりを少しいせ込んでから縫製しています。

あと拘ったところはファスナー横の衿ぐりの縫い代を割りにした事です。かなり厚い生地なのでこれは必須でした。ただ縫製手順はかなりややこしくなってしまいましたが・・・ :cry:

縫い代の始末1つで縫製手順が大きく変化する事はよくあります。

結果「縫えない」ということもしばしば。

なので必ず工程はパターンを引いてる段階でよく確認しておきましょう。

 

オープンカラーでよく見る縫い方ですね。この縫い代を普通は身頃で挟んだりしますが、時と場合によっては割ってしまうのも手かなと思います。

 

 

そして次回お見せしたかったところ。

「袖を後ろに振る」です :roll:

さあどんな形になるでしょうか?

 

お楽しみに!!

 

 

 

カテゴリー: オシャクレ, 動画 | コメントをどうぞ

手縫いボタンホール動画 子供服パーカ➁

涼しくなったり暑くなったりの変な気候が続きます。

コロナもありますが、体調を崩しやすい時期なので気をつけましょう :-|

 

10月~の新規入学者募集中です :-P

埋ってしまっている時間もありますので、気になる方はお早目に!

よく「初心者ですけど大丈夫ですか?」と問い合わせがありますが、かなりの方が初心者で、その方のペースに合わせて進行するので安心して下さい!

 

 

 

では↓また動画作成しましたがこれはなかなか手間がかかっております ;-)

「手縫いのボタンホール」です。なかなか苦労しました、1日1個を目標に3ヵ月ほど続けたのですが、最初はひどい・・・ :cry: 1個1時間半くらいかかってました、、最後の方は1個15分~20分くらいで出来るようになりましたが根気が必要です。

最初は色んな事を考えてやりますが、途中からはあまり考えなくなり、作業中は無心に近くなります。なんというか、仕事前のウォーミングアップ感があります :lol:

 

 

他にもボタンホールの動画はありますが、大体は「作業している手元を映しているだけ」が多いです。

が、今回の動画は私が作業中に気付いた事や、コツなどの解説をしていますので、他では絶対にない動画になってると思います。もちろんボタンホールの作り方は1人の職人さんそれぞれ違うと思いますが、「何を考えて作業をしているか」を伝える事は凄く大事だと思います。是非ボタンホールづくりの参考にして下さい。慣れたら自分自身のやり方で工夫してみて下さいね :-P

 

 

あとはボタンホールはミシンで出来ますが、どうしても家庭用ではあまり綺麗に仕上がりません。仕上がりが良かった服に特別感を加えるために手でホールをあけるともっと特別な愛着がわくと思います :-P

知り合い曰く「300個あければ大体誰でもキレイになる」そうです。

是非チャレンジしてみてください!

 

 

 

 

で他にもチャレンジして欲しいのがコチラ↓

子供服パーカ

子供服パーカ103

パターン用意しましたので皆さん作ってみて下さい :-P

市販の型紙よりも書き込みも多いので分かり易いと思いますよ!

 

 

 

では前回からの続きで、フードが出来た後です。

 

フードと身頃を地縫いしてロックをかけておきます。

衿ぐりを縫う時のコツ「衿ぐりは曲げずにフード側を動かして縫う」です。衿ぐりを真っ直ぐにして縫うと出来あがりの寸法が大きくなってしまうので、極力カーブさせたまま縫う事を意識しましょう。

 

 

出来たら前見返しと身頃を地縫いします。縫代の角は厚みが出るのでカットしておきましょう。

ひっくり返して・・

裾は三つ折りが見返しの中に入る状態です。フードは前端から少し控えたところまでです。

 

 

衿ぐり周りに0.5cのステッチを入れます。この時縫代をアイロンで少し伸ばしておくと表からのステッチのシワが少なくて済みます。

 

 

ポケット端を前見返しと裾に入れておき、

前端、裾にステッチを入れ、

袖下を縫って、袖口にも三つ折りステッチを入れておき、袖を身頃と付けます。

・・・ロックがアームホールが小さいせいで結構縫い難いので注意しましょう。

カーブにロックをかける時のコツ「カーブさせたまま縫う」です。これも衿ぐりを縫う時と同じですね。

 

 

・・で完成(スナップは付けてないですが)です!!

さっと作りましたが、結構いい出来。

慣れれば縫製も簡単なので是非一度チャレンジを!!

 

 

ではまた!!

 

 

 

カテゴリー: オシャクレ, 動画, 子供服 | コメントをどうぞ

「メンズパターン入門」動画 子供服パーカ①

暑い日が続きますね・・蝉もこの前の涼しい日が続いたせいで勘違いしたのか鳴いていないちょっと変な夏です 8-O

 

体験セミナーは好評で終わりまして、残り席数が少なくなってきた時間もありますので、10月からの入学をお考えの場合はお早目にご連絡をお願い致します ;-)

 

さて日々動画を更新しております。

メンズアロハ(半袖のオープンカラー)静止画動画でなんとテキストを掲載しております 8-O 大盤振る舞いかと思います ;-) これを見ている方は是非とも1度見てください。

「無料でいいの?」ってホントに思いますから!

 

 

 

さてさて、そろそろ秋口に向けてちょっと作っておきたいものがありまして・・・

今回も子供服。

ただカットソーではなくて布帛でやってみようかなと思います。

簡単なもので、ざっくり着られるちょっと寒い時に着るものにしました。

パーカです。

 

フードは保育園ではNG(子供同士が引っ張ったりするので)ですが、クーラーが効きすぎて寒そうと気になった時にさっと着られるものを作ってみようと思いました。

 

↑こんな感じのパーカです。

 

 

↓さっそくですがパターンはこんな感じ

衿ぐりは大きめで前の切替利用でシームポケットがあるタイプです。

袖とフードも凝った事はせず簡単に作れるものにしました。

 

 

 

早速縫っていきます。裁断です。地味にギンガムチェックで地直しが面倒でした ;-)

前端や裾あたりは歪みが絶対気になると思って、結構気使って裁断しました。

 

すみません

ステッチが白くて見えにくいと思うので画像をクリックしてアップで確認お願いします ;-)

 

 

先に折れるところは折っちゃいましょう。裾、フード口、袖口はアイロンでプレスしておきます。ちょっと縫製が早くなるコツですが、「ミシンとアイロン台を往復する回数を減らす」です。可能なかぎり、まとめていっぺんにやってしまった方が絶対早くなります。

普段から意識してやると少しずつ早くなりますよ ;-)

 

 

最初にシームポケットを縫っておきます。

コの字で縫ってもいいですが、開き止まりぴったりで縫い止めて切り込みを入れてひっくり返した方が少しだけ薄く仕上がります(デメリットは後ろ身頃と縫った時正確じゃないと切り込みが見えてしまう可能性があります)

 

 

出来たらひっくり返してポケット口にコバステッチを入れて袋布と向こう布の周囲も縫ってしまいましょう。

ちなみにに少し厚みを減らす為に下側と前中心側は控えています(次回の工業用パターンで確認してみて下さい。)

 

 

ロックもかけましょう。ほつれ易い生地の場合はポケット口の中もロックしておいた方がいいと思います。

出来たら、後ろ身頃と接いで、ロック、後ろ高いでコバステッチです。

 

 

ココがちょっと難易度が高めですが、ポケット口さえ外さなければ大丈夫です。

表から返し縫いかカンヌキを入れてポケット口が裂けるのを防ぎましょう。

 

 

肩を地縫いします。

ロック後ろ高でコバステッチを入れます。

 

 

フードです。2枚を中表に地縫いしてロック左高、でコバステッチか0.6c程度で縫いましょう。

ちなみに0.6cなどの太い幅でステッチをかけるとカーブがキツイ箇所は縫い縮みが起きやすいので、少しだけ丸く仕上がります。

ステッチの幅でシルエットは結構変わりますよ ;-)

 


フード口に三つ折りステッチをいれて、、ここはヒモを入れようかと思いましたが、やめておきました。

ちなみに、ヒモ系も保育園ではNGだそうです 8-O

たしかにちょっとあぶないかもしれませんね・・

 

子供服を作っていると結構大人の常識的にやっていた事がダメな事もあります。

そのあたりが面白いですよね! :lol:

 

 

と、またちょっと長くなってきたのでまた次回!

 

またパターンも載せる様にしますね!お楽しみに!

 

 

 

カテゴリー: オシャクレ, 動画, 子供服 | コメントをどうぞ

2021年パターンメーキング検定2級②動画 赤ちゃんドルマンTシャツ②

 

体験セミナー午前の部が残り少なくなってきました :lol:

8/29日に開催しますが、まだ午後の部はあいていますのでお電話頂ければご予約できます!

東京校のみの開催で直接↓までお電話下さい!

ルオペラ東京校 ℡03-5473-1519

↓体験セミナーの体験動画です :lol:

こんな感じで実際にどんな感じで進んでいくか説明したり、形を作るテクニックを説明したりします。実際に手を動かして作業するので、かなり入学後のイメージが湧きやすいと思いますので、是非ご参加下さい :-P

 

 

 

あと2021年パターン検定2級の2型目4面体のジャケットも動画で公開して

おります!

練習のお供に是非どうぞ!

 

 

 

今回ちょっと短めですが・・

さて前回の続きで衿ぐりが縫えた状態です。

ここからはそこまで言う事ないですが、パターンも用意しましたので、パターンを見ながら縫製してみて下さい :lol:

また103%に大きくしたものも用意しているのでどちらかをお使い下さい!

子供Tシャツ

子供Tシャツ103%

 

 

 

では、↓衿ぐりが縫えた状態です

今回はサイドの開きがあるのでコバstをいれて少し硬くしました。サイドの開きが無い場合は頭が入らなくなるので注意しましょう :roll:

 

 

出来たら袖口を縫います。今回はロックをかけて2つ折り、ジグザグステッチです。

プリント生地で少し固めなのでそこまで糸切れは気にしなくて済みました。伸びやすい場合は必ず試し縫いして下さい。・・・着用してるうちに千切れてしまいますので・・・ :cry:

 

 

最後に袖下一気縫いです。ドルマンなので縫製の工程が少なく縫い易いと思うので、この型をやってみる事にしました。すっごく簡単!

 

 

袖口下にはカンヌキを入れておきましょう

縫い目が重なるところは2本糸の通常のミシンで返し縫いをしておいた方が強度があがります。このあたりは家庭用ならではの工夫です。(既製品では手間すぎて出来ないです。)

 

 

裾もジグザグで

 

 

あとは肩にスナップを付けて完成です。

 

肩回りの仕様が少しパターン的に複雑化してしまったのでもう少し簡単なやり方があればまた研究してお知らせしたいと思います。

 

分かり難い方は一度パターンを出力して紙を折って確認してみてくださいね ;-)

 

 

ではではまた。次は布帛で何か作ろうかな・・・ :-)

 

 

カテゴリー: オシャクレ, パターンメーキング検定関連, 動画, 子供服, 無料パターン | コメントをどうぞ