TOP » 2019 年 5月 – パタンナーズライフ

2019 年 5月 – パタンナーズライフ

2019年パターンメーキング検定2級①

 

みなさま、こんにちは。

 

毎年、気温が高くなるこの季節になると『あ~、そろそろパターン検定の時期だな~』っと感じます。どうもO岩です。

 

今年からパターン検定の試験内容等、少し変更がありました。

3級と2級の試験が別の日に行われるので、まずは2級のジャケットの一つ目からです!

 

 

 

 

デザイン画はコチラになります↓

 

 

3つの面のジャケット、3面体です。

3つボタンで衿もベーシックな形ですが、簡単そうに見えて大きさ等バランスを撮るのが少し難しい感じです。

 

 

 

 

寸法はコチラ↓

 

着丈 = 61cm

肩幅 = 38cm

バスト = 95cm

ウエスト = 83.4cm

裾周り = 101cm

袖丈 = 58cm

袖幅 = 33cm

袖口 = 24cm

袖山 = 16.1cm

 

 

ボディは10missです。

会場によってボディは異なりますので注意して下さい。

 

※キプリス9ARが用意されていた場合は肩幅を少し出しておいた方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

パターンはコチラ↓

 

 

ウエストダーツは、後中心1cm、後ろの切替4cm、脇1.4cm、前の切替1.2cmです。

 

こちらは参考の寸法になるので、自分の数字を見つけて下さい(*^_^*)

 

サイドネックは4mm削っています。

衿ぐりには8mm(約3度)程逃がしています。

前の展開の際に7度程たたんでいるので計10度たたみました。

 

 

 

 

 

衿腰2.5cm、衿幅4cm、衿の開きは20度くらいです。

ボタンは21mmです。

 

衿のデザインもそうですが、第一ボタンの位置は失敗すると致命傷になるのでトワルを組んで確実な位置を決めておきましょう(^^)/

 

 

 

 

 

袖は上記イセ分量を配分してます。

少し多めの方が調整しやすいと思いますが、ピン打ちは難しくなるのでたくさん練習して下さい!笑

 

 

 

 

 

袖下も練習して15分を切れるようになりましょう(^_-)-笑☆

明きのボタンは18mmに設定してます。

 

 

 

 

トワルになります↓


 

本番はピン打ち勝負です!

以前にピンが足りなくなったという方がいました。笑

余分に準備しておきましょう!

 

目安としては1時間くらいで完成させるのがベストです!

 

 

 

 

完成パターンです↓

 

 

名称・地の目・CB・CF・イセマーク・見返し線・ボタン・合印・わのマーク、必要と思われる記号は忘れず記入しましょう。

 

 

 

内袖は反転しての提出になります。

気を付けましょう。

 

 

 

今回のジャケットのパターンを引いている動画もございますので合わせてご覧ください↓



 

 

 

 

工業用パターンです↓

 

 

 

試験は縫い代付けまでしませんが参考までに!(^^)!



では、たくさん練習して余裕を持って本番に挑みましょう!!!



ご清聴、ありがとうございました。


カテゴリー: パターンメーキング検定関連, O岩 | コメントをどうぞ

続き衿の芯①

 

暑いですね!生徒さんもTシャツだけの方もちらほら見かけるようになりました!

一気に夏に近づき、ブルゾンやジャケットの出番はありませんでしたね :roll:

この時期は体調を崩しやすいので、シャツ1枚は必ず持って外出する事をオススメします。

 

GWは瀬戸内芸術祭に行ってきたのですが、人があまりにも多すぎて・・・ごはんを食べるところも一杯ですし、移動の待ち時間も凄かったので、ちょっと後悔しました :cry: ただ、後半に行ったので天気が良かったことは非常にありがたかったです。わざわざ行く価値がある作品が多かったので、今度はもうちょい空いてる時に行こうと思います・・・ :cry:

 

 

さて、古着屋さんでへんてこなシャツ見つけました。

生地で有名なMから始まる某ブランドなのですが、10年くらいの前のシャツは持っていて、もっと前のものを手に入れました。多分90年代くらいと古着屋さんは言ってました。

 

最近のものは簡単に作られ過ぎているのですが、(正直雑・・・)

このころのものはまだ丁寧に作られている感じがします。

 

気になって着用すると衿が綺麗で、気になって調べてみました。

 

 

 

サイズが大きい事もありますが、古着特有でVの字になるように前下がりかなりついています。

 

衿をめくると台衿先変わった所に折り癖が付いています。わざとかな?

触ると芯の貼り方が変わってそうだったので、外して確認してみました。

裏は芯無しで、表衿は全面バイアス芯で、羽衿部分は増し芯していました :roll: 他のブランドのものでも見た事あります。

これ生産管理の方に聞いたら、「工場さんがものすごく嫌がる」って言ってました 8-O

芯貼って、さらに芯だとどうしても縮んでしまうから寸法が安定しないんでしょうね・・・古着ならではのざっくりとした作り方ですね。

右の写真の赤い糸部分まで増し芯です。台衿部分だけがバイアスに芯を貼っているので、衿が丸く曲がってくれるようです。

パターンは↓の感じです。

 

お?やっぱり変な芯の貼り方してました。台衿先は明らかにわざと貼り方変えてますね・・・ :-) はずした甲斐がありました!

この台衿先だけプラスで貼る事がどんな影響するか見てみようと思います。

次回は縫製してみますね :lol:

 

 

カテゴリー: オシャクレ | コメントをどうぞ